組織切片市場、2028年に9億486万米ドル規模に到達予測

組織切片市場は、2021年の5億8,029万米ドル規模から2028年には9億486万米ドル規模に達すると予測され、年平均成長率は6.6%と予想されています。

組織切片は、組織を薄く切ってスライドに載せ、顕微鏡に取り付けて研究できるようにする手法です。組織の異常や病状を発見するための検査に使用されます。組織学研究所、科学研究所などで採用されています。

市場動向

オーダーメイド医療の普及が組織切片市場を牽引

オーダーメイド医療または精密医療は、多くの重篤な疾患の治療の特徴となっており、その応用は他の分野にも広がっています。これは、患者の遺伝的蓄積に基づいて治療法をカスタマイズする、常に新しいアプローチです。これらの技術的進歩により、利用可能なリソースでより良い結果をより短時間で達成する組織切片化アプローチが実現されています。疾患の予防と効率的な治療のために、オーダーメイド医療は特に腫瘍学と腎臓学のケースにおいて必須のツールです。癌患者の急増は、間接的に組織切片作製市場の成長に寄与しています。

例えば、WHOの発表によると、がんは世界の死因の第1位であり、2020年には約1,000万人が死亡するとされています。肺がん、肝臓がん、血液がん、乳がんが最も一般的ながんの種類です。現在、がんの30%から50%は、がんの早期診断と適切な治療・ケアによって予防することが可能です。多くのがんは、早期に診断され、適切な治療を受ければ、高い確率で治癒するとWHOは述べています。オーダーメイド医療の普及に伴い、革新的な検査を促進するために、ヒト組織の使用に対する需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]