オーツ麦市場、2028年には99億3,982万米ドルに到達予測

オーツ麦市場は2021年に77億6,449万米ドル、2028年には99億3,982万米ドルに達すると予測され、年平均成長率は3.6%と予想されています。

オーツ麦は、混合結合(1→3)、(1→4)-β-D-グルカンアラビノキシラン、およびセルロースなどのいくつかの食物繊維成分を多く含んでいます。栄養成分には、タンパク質、ミネラル、ビタミン、食物繊維、炭水化物などが含まれます。また、糖尿病、心血管疾患、癌などの慢性疾患から体を守るための抗酸化物質も豊富に含まれています。健康のため、オーツ麦を摂取する認識が高まっているため、メーカーは食品・飲料、動物飼料製品、化粧品などに取り入れるよう促しています.

市場動向

オーツ麦は多くの脂肪、オレイン酸やリノール酸、ビタミンB1、B2、B6、ビタミンA、K、Eを多く含み、有益なミネラル、ステロール、抗酸化物質も含んでいます。脂肪酸含有量は、他の穀物よりも高く、大麦やトウモロコシと比較すると、オーツ麦は粗タンパク質が1-3%高いです。さらに、水溶性食物繊維であるβ-グルカンを最も多く含む穀物の一つで、100gあたり5.0g(オートミール)~7.2g(オートブラン)を摂取することができます。オーツ麦は食物繊維も豊富で、100gあたり9.9gから14.9g含まれています。脂質含有量も高く(5-9%)、不飽和脂肪酸、特に必須脂肪酸であるリノール酸を多く含んでいます。また、ユニークな抗酸化物質であるアベナントラミド、ビタミンE様物質であるトコトリエノールやトコフェロールも含まれています。このような健康への利点により、オーツ麦への関心は高まっています。

製造動向

オーツ麦市場は製法によってロール状とスチールカットに区分されます。2020年の市場シェアは圧延セグメントが大きく、予測期間中に市場でより高いCAGRを記録すると予想されます。ロールドオーツは、その汎用性から最も人気のある種類のオーツ麦の1つです。オーツ麦の穀粒を蒸してからスチールローラーの間で平らに圧延し、製造します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]