魚粉市場は2028年に152億6,460万米ドル規模に到達予測

魚粉市場は2020年に81億5,360万米ドルで、2028年には152億6,460万米ドルに達すると予測されており、年平均成長率は8.3%と予想されています。

魚粉は、食品加工やフィレ加工産業から出る魚の副産物を使って生産されます。主に、養殖動物や水産養殖用の飼料に含まれる高タンパク(60〜72%)原料として使用されています。魚粉の需要は供給を上回っているため、飼料業界では飼料中の魚への魚粉の構成を変えています。市場は、水産物への需要の高まり、食糧不足解決と養殖開発のため成長しています。他の産業の廃棄物のコンポーネントから生成された魚粉は持続可能なもので、環境保全プログラムの一部になっています。

2020年、アジア太平洋地域は、世界の魚粉市場の最大の収益シェアを占めました。予測期間中に最も高いCAGRを記録すると予想されています。アジア太平洋地域は、インド、中国、日本、韓国、オーストラリアなど、主要な経済圏で構成されています。

これらの国々は、食品部門の工業化と都市化活動の急増、魚粉市場の主要なメーカーに十分な機会を提供しています。アジア太平洋地域は、市場における多数の中小レベルの国内企業の存在により、今後数年間で魚粉の需要の高まりが予想されます。

予測期間中、魚粉市場は、必須アミノ酸を含む高い栄養プロファイルのために、養殖や有機農業産業からの巨大な需要が期待されます。

また、魚粉は栄養補助食品、製薬、その他の産業にも応用されています。

アジア太平洋地域の魚粉市場は、特にインドと中国の養殖セクターの巨大な成長のために予測期間中に成長することが推測されます。さらに、人口の増加と政府の支援の増加が、この地域の市場成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]