EV充電ケーブル市場、2028年に34億6,610万米ドル規模に到達予測

EV充電ケーブル市場は、2021年に3億7,740万米ドル、2028年には34億6,610万米ドルに達すると予測されており、年平均成長率は37.3%と予想されています。

消費者の嗜好の変化と技術の進歩により、EV産業は大きく変貌を遂げています。中国はEVの普及が進んでいる地域の一つです。中国は世界最大の自動車市場でもあり、完全電気自動車やプラグインハイブリッド車の新車販売台数が急増しています。ヨーロッパでは、ドイツが消費者にEV購入のための金銭的インセンティブを提供しています。

さらに、トラックやSUVの人気の高まりや、コンパクトセダンの需要の高まりにより、自動車販売は増加しています。トヨタ、ヒュンダイ、日産、スバル、起亜は2桁の販売増を記録しています。2020年には世界で7,800万台の自動車が生産され、中国、日本、ドイツが自動車・商用車メーカーの上位を占めました。このような膨大な自動車生産台数を背景に、電気自動車(EV)の製造範囲も勢いを増しています。

また、電気自動車のみを製造するために製品ラインを再構成することを目指すOEMも少なくありません。2021年の第1四半期に、ボルボは2030年から電気自動車のみを販売することを宣言し、ゼネラルモーターズは2035年までに電気LDVのみを提供する計画、フォードは2030年からヨーロッパで電気自動車のみを販売、フォルクスワーゲンは2030年までにヨーロッパで70%、米国と中国で50%の電気自動車販売を計画、ステランティスは米国で35%、ヨーロッパで70%の電気自動車販売を見据えています。

また、MAN、ダイムラー、スカニア、ボルボ、ルノーなどのトラックメーカーは、将来的に電気自動車を導入することを計画しています。このように、電気自動車への注目が高まる中、自動車生産の急増がEV充電ケーブルの市場成長を後押ししています。

タイプ別洞察

EV充電ケーブル市場は、タイプ別に自家用充電と公共用充電に分類されます。2020年の市場シェアは、自家用充電の方が大きいとされています。

EV充電ケーブル市場で活動するメーカーは、主に先進的で効率的な製品の開発に注力しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]