睡眠時無呼吸診断市場は、2021年~2028年のCAGRは5.4%と推定

睡眠時無呼吸診断市場は、2021年の4億7,395万米ドルから2028年には6億8,566万米ドルに達すると予測、CAGRは5.4%と推定されています。

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が止まったり始まったりすることで起こる、一般的な睡眠障害の一種です。

睡眠時無呼吸症候群の治療器は、主に閉塞性睡眠時無呼吸症候群、中枢性睡眠時無呼吸症候群、複雑睡眠時無呼吸症候群の診断・治療用として提供されています。閉塞性睡眠時無呼吸症候群の治療には、持続気道陽圧法が広く推奨されている装置です。

市場動向

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)は、睡眠中に上気道が繰り返し完全または部分的に閉鎖されることを特徴とする一般的な疾患です。この気道の閉鎖は、睡眠の分断や酸素の脱飽和に役立ちます。この疾患は、特に日中の機能障害や生活の質の低下という形で、重大な病的状態を引き起こします。最近の比較試験によると、口腔内装置は、重症例を含む患者のOSAをコントロールするのに最大50.0%の効果があります。

投資会社Needham & Companyが行った調査によると、2018年にはOSA検査の3分の1以上が患者の自宅で行われ、2013年の15%から増加しました。そのため、各社は在宅医療用睡眠時無呼吸症候群治療器の開発に力を注いでいます。2019年6月には、イスラエルの事業者であるItamar Medical社が、使い捨ての家庭用睡眠時無呼吸症候群検査装置をFDAに承認されました。呼吸器疾患の診断・管理のためのスマートフォンアプリを開発するResApp社(オーストラリア)は、OSAの家庭用スクリーニングアプリ「SleepCheck」を発売しました。

様々な地域で睡眠ポリグラフ(PSG)装置の使用が増加しているため、OSAの診断のための改良された技術的に高度なPSG装置のニーズが大幅に急増し、世界の睡眠時無呼吸症候群診断市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]