航空貨物セキュリティおよびスクリーニングシステム市場、空港数増加により成長が期待

空港数の増加は、航空貨物事業の普及に寄与しており、麻薬、爆発物、金属や禁制品の検出のための空港でのセキュリティおよびスクリーニングシステム設備の必要性をさらに際立たせています。2020年8月、シンガポール・チャンギ空港は、スミス・ディテクション社とのパートナーシップを延長し、高度な爆発物検知システムを供給することになりました。また、ヘルスケア市場では、新しい医薬品やバイオテクノロジー製品の継続的な参入により、これらの輸送サービスに対する需要が高まっています。したがって、高度なコールドチェーンソリューションを使用する航空会社は、この需要の増加を十分に活用できる立場にあります。しかし、航空貨物輸送の増加に伴い、隠れた爆発物や麻薬の不正取引のリスクも高まっており、空港での体系的なスクリーニングシステムの必要性を後押ししています。また、COVID-19の流行が続く中、自動化された高度な航空貨物セキュリティおよびスクリーニングシステム市場の需要も増加しています。

市場動向

ECの急速な普及が航空貨物セキュリティおよびスクリーニングシステム市場の成長を促進します。

先進国および発展途上国においてインターネットが広く普及しているため、オンライン販売は実店舗を持つ小売業者よりも多くの見込み客を引きつけています。さらに、eコマース市場のプレーヤーは、顧客に荷物を届けるために、地上輸送や航空輸送などを選択できます。そのため、eコマース市場の進化に伴い、さまざまな国で購買パターンやトレンドに変化が見られるようになりました。購入の大部分は、ECを利用する若年者の割合、その国の経済状況、ECの利用に関心を持つ年齢層、国全体の意識レベルなど、その国の人口統計学に影響されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]