全身スキャナ市場、交通機関や重要なインフラの間で需要増

公共施設全体でのボディスキャナの使用率は、交通機関や重要なインフラの間で高くなっています。交通機関には、空港、地下鉄、鉄道、バス乗り場、税関などが含まれます。重要インフラには、国境や原子力発電所、企業や政府の建物などの高度なセキュリティが要求される場所が含まれます。

インド政府は、麻薬、外貨、金などの密輸を防ぐため、国際空港10カ所に全身スキャナを設置することを決定しました。30台のX線ボディスキャナのうち、ハイデラバード、デリー、ムンバイ、チェンナイ、コルカタ、コチ、ティルチラッパッリ、ティルヴァナンタプラムに各3台設置されています。さらに2020年には、インディラ・ガンディー国際空港(ニューデリー)が、インドの空港の中で初めて、最新のボディスキャナを準備しました。

2019年5月、シンガポールのチャンギ空港は、セキュリティを強化するため、4つのターミナル全体で14台の新しいボディスキャナを設置しました。スキャナは時間の短縮に貢献し、旅行者が混雑する空港内で迅速に移動できるようにします。

市場動向

ミリ波、テラヘルツ技術ベースのスキャナの採用

世界中で継続的な技術開発が行われる中、ボディスキャナメーカーは、より安全なスキャンを行うために先進的な技術を使用することに期待を寄せています。より安全な技術を使おうと、X線よりもミリ波の採用を促しています。マレーシアの空港当局は、ミリ波ボディスキャナやモバイルアプリなどの開発に取り組むことで、空港をアップデートすると発表しています。同様に、インド政府は、空港で乗客のスクリーニングを行うための全身スキャナを運用するための技術的な規範を発表する可能性があります。政府は、後方散乱X線と全波透過X線技術に代わり、能動および受動ミリ波ベースのボディスキャナの使用を決定しています。インド政府は、乗客が頻繁にX線に曝されるため、ミリ波ベースのボディスキャナの使用に関心を示しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]