ユーザーリサーチリポジトリソフトウェア市場、2028年に3億6,400万米ドル規模へ

ユーザーリサーチリポジトリソフトウェア市場は、2028年には3億6,400万米ドル規模に成長すると予測されており、CAGRは17.1%と推定されています。

リサーチリポジトリは、研究データを保存し、簡単にアクセスできるように整理するための一元的な場所です。ユーザーリポジトリソフトウェアによって、研究チームは単一の調査研究を超えた発見をすることができ、研究の一貫性を確保することができます。ユーザーリポジトリソフトウェアは、研究データの検索と発見を容易にし、相互参照とメタ研究を可能にします。

このソフトウェアにより、研究者は複数のフィードバックソースを取り入れることができ、ユーザーの視点を幅広く取り入れることができるため、研究の質を向上させることができます。さらに、計画立案、メモ取り、インタビューの記録、ハイライトの収集、収集した情報の分析、情報のクラスタリング、情報をインサイトに変換、魅力的で豊かなレポートの作成など、研究プロセスのさまざまなステップでは、幅広いツールとコンテキストスイッチが必要です。リポジトリソフトウェアは、分析とリポジトリを1つのツールに統合し、個別のツール切り替えを最小限に抑えることで、研究時間を短縮し、結果の質を向上させます。さらに、このソフトウェアでは、複数の分野の研究者や関係者がオンプレミスやリモートで研究データを共同で分析することができ、ユーザー研究に対する意識の向上や多様な視点によるより良い成果につながっています。

タイプ別動向

ユーザーリサーチリポジトリの世界市場は、タイプによって、クラウドベースとオンプレミスに二分されます。規制の厳しい業界の企業は、重要なデータを社内のサーバーやITインフラ内に置き、オンプレミスでアプリケーションを運用しています。UXリポジトリは、製品チームにユーザー調査の保存、分析、共同作業のための中心的なハブを提供します。UX研究者は、顧客中心の製品を設計するための様々な手法に注目しています。このように、オンプレミスの展開は、いくつかの企業にとって安全で到達しやすい選択肢であると考えられています。オンプレミスの利点は、サイバー攻撃に対する安全性など、組織による展開を容易にすることです。ビジネスクリティカルな情報を自社サーバーに保存し、データ保護を強化したい企業で採用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]