段ボール市場、アジア太平洋地域が最大のシェアとなる見込み、2028年に1,921億5,331万米ドル規模到達予測

段ボール市場は2021年に1,271億3,907万米ドル規模となり、2028年には1,921億5,331万米ドル規模に達すると予測され、2021年から2028年までのCAGRは6.1%と見込まれています。

段ボール包装は、食品・飲料製品、耐久消費財、電子・電気製品など、さまざまな商品を詰めて二次輸送するものです。包装に段ボールを使用することは、品物を保護、保存、輸送するための費用対効果の高い、適応性のある包装技術です。段ボールは、食品・飲料、耐久消費財、電気・電子、製紙、化学、パーソナルケア・家庭用品、農林水産、プラスチック・ゴム製品などの産業に適しています。

2020年、アジア太平洋地域は世界の段ボール市場で最大のシェアを占め、予測期間中に市場で最も高いCAGRを記録すると推定されます。アジア太平洋地域では、食品・飲料、電子機器、ECなどの産業で段ボールの消費が増加しています。製品の輸送に使用される、持続可能で費用対効果の高い段ボール包装技術に関する意識の高まりや、アジアのいくつかの国でプラスチックパッケージを禁止するための政府による取り組みが、今後数年間でこの地域の段ボール需要を押し上げると思われます。

また、環境に対する意識の高まりは、より環境に優しい包装技術の需要を促進し、段ボール市場の成長を後押ししています。さらに、国内外の市場における電子製品、自動車部品、ホームケア製品、美容・パーソナルケア製品の需要の増加が、段ボール箱の需要を促進し、段ボール市場の成長を促進しています。この地域では、EC小売業者が急速な成長を遂げています。EC小売業者の代表格であるアマゾンは、アジア太平洋地域で主要な包装に段ボールを使用し、個々の商品にはプラスチック製の包装を使用しています。タイでは、包装廃棄物に関する懸念が高まっていることから、政府は、包装のための実行可能な選択肢として、紙器や段ボール箱などの環境に優しい選択肢を市民に採用させるような規制を設けることを強いられると考えられ、予測期間中にこの地域の段ボール市場に成長の機会をもたらすと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]