オーガニックペットフード市場は、2021年~2028年の間、年平均成長率8.9%で成長見込み

オーガニックペットフード市場は、2021年に49億9,154万米ドル規模、2028年には90億9,020万米ドル規模に達すると予測され、年平均成長率8.9%で成長すると見込まれています。

オーガニックペットフードは、ペットのヒューマナイゼーションが進み、製品への高い支出につながることから、勢いを増しています。オーガニック製品を購入する消費者は、ペットに対しても同じ購買行動をとっています。従来のペットフードに含まれる合成添加物や化学添加物の有害な副作用を防ぐため、クリーンラベルのオーガニックペットフードを求めています。

2020年、世界のオーガニックペットフード市場で最大のシェアを占めたのは北米でした。しかし、予測期間中、アジア太平洋地域は市場で最も高いCAGRを記録すると推定されます。アジア太平洋地域は、中国、インド、日本、韓国、オーストラリアなどの発展途上国および先進国から構成されています。これらの国では、都市化の進展と相まって中産階級の人口が急増しており、有機ペットフード市場で事業を展開する主要企業に有利な機会を提供しています。アジア太平洋地域におけるペット人口の増加と、有機ペットフードに対する消費者の志向の高まりが、市場の成長を後押ししています。また、ペットのヒューマナイゼーションが進んでいることも、予測期間中にアジア太平洋地域の有機ペットフード市場の成長を促進するものと思われます。

製品タイプ別動向

オーガニックペットフード市場は製品タイプにより、ドライフード、ウェットフード、その他に区分されます。ドライフード分野は、2020年に最大の市場シェアを占め、予測期間中に市場で最も高いCAGRを記録すると予想されます。ドライフードは水分含有量が少なく、ペレット、キブル、フレーク状シリアルなどの形態で提供されています。ドライドッグフードは、肉や穀物などの原材料を組み合わせ、調理することで作られます。ドライフードは、歯垢の蓄積を抑えることで犬や猫の歯の健康を保ちます。ドライフードの最大の特長は、冷蔵保存が不要なことです。このフードには、1日に必要な栄養と一緒に微量な栄養素も含まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]