家禽飼料市場、2028年には1,567億1,000万米ドルに到達予測

家禽飼料の世界市場は2021年に1,246億11,00万米ドル、2028年には1,567億1,000万米ドルに達すると予測され、年平均成長率は3.3%と推測されています。

家禽用飼料は、穀物・穀類、ケーキやオイルミール、飼料添加物など、さまざまな原材料から生産されています。栄養要件は、家禽の体重や年齢、成長速度、卵の生産速度に依存します。消費者の間で家禽製品の消費が増加していることが、市場を後押ししています。

2020年、アジア太平洋地域は世界の家禽飼料市場で最大の収益シェアを占めました。家禽消費人口の基盤が大きいため、市場は顕著な成長を報告しており、今後数年間はこの傾向が続くと予想されます。中国とインドが世界の2大家禽飼料生産国です。インドでは、家禽飼料生産産業が最も急速に成長している産業の1つであり、メーカー間の競争が激化しています。この地域の消費者は、タンパク質が豊富な食品の追加供給源を求めています。タンパク質が豊富な食品に対する需要の増加と購買力の向上が相まって、消費量が大幅に増加しています。これらすべての要因が、予測期間中のアジア太平洋地域の家禽用飼料市場の成長を促進すると思われます。

市場動向 

家禽部門は、世界中で継続的な上昇を記録しています。家禽は最も費用対効果の高いタンパク源の1つとされており、卵や肉といった家禽製品の需要が増え続けています。健康に気を遣う人々の間で家禽の消費量が急増しています。家禽生産量の増加は、世界人口の増加するニーズに大きく応えています。米国の食糧農業機関(FAO)によると、1961年から2019年の間に世界の家禽生産量は900万トンから1億3,200万トンに、卵生産量は1,500万トンから9,000万トンに増加しました。家禽生産の急増は、高品質の家禽飼料製品の使用を推進します。

家禽の種類の洞察 

家禽の種類に基づき、世界の家禽飼料市場はレイヤー、ブロイラー、七面鳥、その他に区分される。ブロイラー部門は、2020年の市場で最大のシェアを占めています。ブロイラーは食肉用に飼育される鶏で、急速な成長をサポートするために高タンパク質の飼料が与えられています。ブロイラー用家禽飼料には、マッシュ、ペレット、クランブルなど、さまざまな形態があります。インドはブロイラー産業において配合飼料の需要が高まっており、最大のブロイラー生産国の1つです。ブロイラー生産の増加は、予測期間中、ブロイラー用家禽用飼料の需要を引き続き押し上げると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]