セキュアロジスティクス市場、2021年~2028年CAGRは7.0%と推定

セキュアロジスティクス市場は、2021年の472億5,000万米ドルから2028年には756億4,000万米ドルに成長すると予測されており、CAGRは7.0%と推定されています。

世界的な資金循環の高まりが、セキュアロジスティクス市場を牽引しています。企業や団体のセキュリティに対する懸念が高まり、安全な現金輸送・管理サービスに対する需要も高まっています。セキュアロジスティクス業界の主な参加企業は、現金輸送車の安全性とセキュリティを保護するために、ロジスティクス事業において革新的な技術を採用することが増えています。現金集配、都市間一括現金輸送、ATM現金管理はいずれも高い需要があります。

デジタル決済の増加や、電子マネーやモバイル決済の世界的な普及が、市場の成長を後押ししています。近年の国際物流の進歩により、特に新興市場の地方都市では、POSでの取引やATMでの引き出し行為が増加し、金融機関における安全な物流の需要が高まると予測されます。口座保有者の72%によると、都市化の進展とテクノロジーへのアクセスにより、2019年にはPOS取引とATMでの引き出しが増加することが予想されます。金融機関における安全な移動の要件は、世界規模で不可欠です。一方、モバイル決済やオンラインバンキングの利用が拡大していることは、業界の成長を妨げると推測されます。

セキュアロジスティクス市場動向

キャッシュマネジメントやキャッシュイントランジットなどのキャッシュロジスティクスソリューションの利用が増加しているのは、経済における通貨の流通量が増加していることに起因しています。例えば、2018年11月、インド準備銀行(RBI)は、インドにおける通貨の流通量がおよそ65億4000万米ドル増加したと宣言し、これはデモネティゼーション以降最大の増加幅となりました。キャッシュロジスティクスサービスの導入により、現金管理が改善され、ミスのリスク低減、キャッシュフローの改善などのメリットが得られます。その結果、現金流通量の増加により、世界のセキュアロジスティクス市場は前進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]