ケトン類市場、2028年に71億650万米ドル規模に到達予測

ケトン類市場は2020年に42億8,650万米ドル、2028年には71億650万米ドルに達すると予測されており、2021年から2028年にかけて年平均成長率6.5%で成長すると予測されています。

アセトン、メチルエチルケトン、ジイソブチルケトンなどのケトンは、工業用溶剤や化学中間体として、塗料、接着剤、塗料除去剤、ゴム、プラスチック、医薬品の製造に広く使用されています。さらに、外因性ケトンは栄養補助食品にも使用されており、これらは一般に、β-ヒドロキシ酪酸またはBHBとしても知られるケトン塩とケトンエステルで構成されています。

2020年、アジア太平洋地域は世界のケトン体市場で最大のシェアを占め、予測期間中に市場で最も高いCAGRを記録すると推定されます。健康に役立つサプリメントへの需要の高まりは、アジア太平洋地域の市場成長を促進する重要な要因の1つです。また、多忙なライフスタイルや健康への懸念から、人々の食習慣が変化していることも、同地域のケトンサプリメント市場の成長を後押ししています。また、The International Institute for Sustainable Developmentによると、アジア太平洋地域の化学部門は、世界の化学生産高の45%以上、世界の化学雇用の69%以上を占めています。化学産業では、ケトンは溶剤や触媒として広く利用されています。したがって、アジア太平洋地域の確立された化学産業は、今後のケトン類市場の成長を後押しすると予想されます。

市場動向

ケトンは汎用性の高い有機化合物であり、産業において複数の用途があります。アセトン、メチルエチルケトン、メチルイソブチルケトン、ジイソブチルケトンなどは、樹脂、プラスチック、塗料、ラッカー、ワニス、コーティング剤、ゴム製品、その他の工業製品の製造によく使われる重要なケトンの1つです。アセトンは、マニキュアの除光液に使用されます。繊維産業では、ウールの脱脂、絹の脱ガムなどによく使われます。自動車や家具の仕上げに使われるラッカーの製造に溶剤として使われることが多いです。また、ラッカー液の粘度を下げるのにも使われます。メチルエチルケトン(MEK)製品は、フィルム特性を損なうことなく低粘度溶液を製造できるため、塗料・コーティング産業が需要の半分以上を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]