プラスチック燃料化市場、2028年に88億420万米ドル規模に到達予測

プラスチック燃料化市場は、2021年に35億2,109万米ドル規模、2028年には88億420万米ドル規模に達すると予測され、年平均成長率14.0%で成長すると見込まれています。

プラスチック燃料化市場は、循環型経済コンセプトの技術で、廃棄物から生産される高品質のプラスチック製品の製造に影響を受けます。この技術は資本集約的であり、市場の投資収益率(ROI)時間は通常2〜5年となっています。しかし、廃棄物管理インフラが確立されているため、この分野では米国とヨーロッパで生産者の数が増加しています。プラスチック燃料化技術の開発が進み、その重要性が高まっていることから、埋立地に送られるゴミの量を減らし、燃料やその他の価値ある商品を生み出すことで、アメリカの交通システムや地域経済の動力源として役立っています。廃プラスチックは、化学原料や燃料に変換することができ、DE重合と熱分解は、これらの変換技術に使用されるプロセスです。

市場動向

エネルギー需要の増加

電気は現代経済の中心であり、エネルギーサービスに占める割合が高まっています。家庭所得の増加、交通や熱の電化、デジタル連動ガジェットやエアコンの需要増により、エネルギー需要はさらに増加すると予想されます。政策シナリオに基づくと、世界の電力消費量は2040年まで年率2.1%で増加し、一次エネルギー需要の2倍以上になると言われています。その結果、最終エネルギー消費量全体に占める電気の割合は、2018年の19%から2040年には24%に増加します。特に新興国では、エネルギー消費の増加幅が大きくなると予測されます。

Stated Policiesシナリオでは、政府の政策、市場の状況、利用可能な技術のすべてが連動して、エネルギー供給を低炭素電源にシフトし、そのシェアは現在の36%から2040年には52%に増加します。さらに、電力需要の高まりは、2018年に電力部門からの世界のCO2排出量が過去最高を記録した主な理由の一つです。しかし、多様な低排出ガス発電技術の商用化により、電力は気候変動や公害への取り組みの最前線に位置づけられ、代替ソリューションへの需要が高まり、PTF市場の拡大に繋がっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]