産業用ブレーキ市場、2021年~2028年は年平均成長率5.6%と推定

産業用ブレーキ市場は、2021年の12億3,422万米ドル規模から2028年には18億1,670万米ドル規模に成長すると予測されており、年平均成長率は5.6%と推定されています。

産業用ブレーキは、回転する慣性負荷を停止させたり、部品を固定位置に保持したりするために使用される摩擦装置です。多くの場合、慣性負荷は、停止させなければならない多くの回転する部品によって引き起こされます。減速させるためには、2つの表面間の摩擦によって生じる運動エネルギーを熱に変換します。産業用ブレーキは、自動車用ブレーキと異なり、さまざまな産業機械に使用されます。全天候型であること、可動部品が少ないためメンテナンスが不要であること、用途に応じた変更が容易であることなどが特徴です。このような理由から、今後、産業用ブレーキの需要が高まると予想されます。

産業用ブレーキには数多くの利点がありますが、その1つは部品点数が少なく、スペアも必要ないことです。 また、一体型であるため衛生管理が容易であること、産業用ブレーキの寿命が長いため投資回収率が高いこと、過酷な状況下でも使用できることなどが挙げられます。さらに、工業化の進展と生産促進のための産業分野への政府投資の増加は、予測期間中、産業用ブレーキ市場に大きな影響を与えると予想されます。

市場動向

産業機械に関する厳しい法規制

機械は生産工程に必要なものですが、その操作中に事故が起きると、火傷や失明、切断の原因になります。安全対策、適切な作業手順、徹底したトレーニングは、スタッフの安全・安心の確保に役立つ可能性があります。世界中の政府や組織は、生産施設に排気ガスや安全基準を導入することで、操作を変革しています。安全基準の違反に対する労働安全衛生局(OSHA)の罰金は、2018年度には総額5,000万米ドル以上となりました。その結果、米国政府は製造業の繁栄に向けた長期的な規制プランを策定し、GDPへの寄与を加速させています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]