皮下注射針市場、2028年に55億2,928万米ドル規模に到達予測

皮下注射針市場は、2021年の35億1,953万米ドルから2028年には55億2,928万米ドルに達すると予測され、年平均成長率は6.7%と予想されています。

皮下注射針市場の成長は、慢性疾患の有病率の上昇とワクチン需要の急増に起因しています。しかし、代替品の入手が可能であることが、市場の成長を抑制しています。皮下注射針は、先端が鋭く尖った細い中空管で、体内に物質を注入するために注射器と一緒に使用されます。

市場動向

慢性疾患の増加が皮下注射針市場の成長を促進

糖尿病、心血管障害、自己免疫疾患、各種癌などの慢性疾患は、世界における死亡および身体障害の主な原因となっています。疾病対策予防センター(CDC)によると、2019年、米国では10人に6人程度が少なくとも1つの慢性疾患に苦しんでいます。心血管疾患(CVD)は、世界中で死亡率の大きな原因です。WHOによると、CVDは世界的な死因の第1位であり、毎年推定1,790万人の命を奪っています。座りっぱなしの生活や不健康な食習慣が人々のCVDの蔓延を引き起こします。

糖尿病も生命を脅かす慢性疾患であり、治療法が確立されていません。あらゆるタイプの糖尿病は、体のさまざまな部位に合併症を引き起こし、早死にするリスクを高めます。心臓発作、脳卒中、腎不全、脚の切断、視力低下、神経損傷などが、糖尿病に関連する主な合併症として挙げられます。国際糖尿病連合(IDF)によると、2019年には、~4億6,300万人の成人が糖尿病と共存しており、2045年には7億人に達すると予想されています。糖尿病患者において、外因性インスリンは通常、糖尿病管理のために皮下投与ルートで投与されます。インスリン投与用の皮下注射針が広く受け入れられ、自己投与と正確な投与が可能になったことが、皮下注射針市場を大きく牽引しています。

また、ほとんどのバイオ治療薬は皮下注射針で注入されます。皮下注射針は、ほぼすべての種類の分子を体内に投与するための低コストで迅速かつ直接的な方法を提供するためです。したがって、皮下注射針の採用は増加しており、高い市場成長につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]