バーチャルデータルーム市場、2028年には35億963万米ドル規模に成長予測

バーチャルデータルーム市場は、2021年の14億818万米ドル規模から2028年には35億963万米ドル規模に成長すると予測され、年平均成長率13.5%で成長すると推定されています。

情報技術は、事業活動やプロセスの生産性を増加させており、技術応用の強化が既存事業に影響を及ぼすと予想されます。過去5年間、組織は仮想データルーム(VDR)の導入により、テクノロジーが合併・買収(M&A)に影響を与えてきました。ここでのM&Aは、組織規模を拡大したり、成長を加速させたりするために行われるものではなく、過剰生産能力の解消、製品や市場の拡大、地理的拡大、研究開発能力の獲得、産業の収束などを目的として行われます。

仮想データルームの市場動向

企業を取り巻く環境では、M&Aが盛んになってきています。過去数年間、主要産業の企業は、2020年から2021年にかけて世界のM&A取引が前年比平均で24%増加しています。M&Aは企業経営者にとって、短期的・長期的な戦略目標を達成するための重要なツールとなっています。M&A案件の取引は、主に100億米ドルを超えるメガディールが牽引しています。Refinitivのデータによると、2021年に発表された保留および完了した案件の総額は、すでに年初来で3.6兆米ドルに達し、2020年の通年集計である3.59兆米ドルを上回っています。2020年から2021年にかけて、10社以上の著名な企業が100億米ドルを超える買収案件を行いました。

米国市場は世界のシナリオを支配し、2021年第2四半期には米国企業を対象とした25件のメガディール取引(3,586億米ドル相当)が行われました。統合された新会社の企業価値は1200億米ドル以上となり、AT&Tのワーナー・メディアとディスカバリーの合併は、2021年最大の取引となりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]