スマートハイウェイ市場、2028年に813億米ドル規模に成長予測

スマートハイウェイ市場は、2021年の248億米ドル規模から2028年には813億米ドル規模に成長すると予測され、CAGRは18.4%と推定されています。

発展途上国や先進国が、スマートシティの設計・導入に向けた複数のプロジェクトに着手しています。例えば、中国では300を超えるスマートシティプロジェクトが進行中であり、重要な産業や政府機関が積極的に関与しています。同様に、インドでは100以上のスマートシティを建設するために、毎年数兆円の予算が計上されています。

中国国家スマートシティワーキンググループによると、スマートシティは、IoT、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、空間地理情報統合、その他の最新技術により、都市の計画、建設、管理、スマートサービスを促進する新しいコンセプトとモデルをもたらします。

そのため、高度な交通技術の活用は、スマートシティを成功させるために有効です。情報通信技術によってデジタル化された交通の目的は、交通渋滞、事故、公害、燃料費、燃料不足、高い保険料といった問題を解決することにあります。スマート交通インフラには、スマートハイウェイとともに、スマート道路、スマート街灯、スマートまたは自律走行車、スマート交通標識が含まれます。様々な交通技術の出現により、車間通信、車両アドホックネットワーク、道路の電化、スマート道路交差点、自己計量道路、知的交通システム、協調型救急救助、運転行動把握方法、スマート街灯、無線デジタル交通標識などが導入されています。

スマートハイウェイ市場の洞察

交通問題を軽減するための持続可能な高速道路への要求の高まりがスマートハイウェイ市場の成長を促進

持続可能な高速道路は、社会の発展と経済成長を可能にし、環境への悪影響を軽減します。連邦道路局(FHWA)によると、持続可能な高速道路は、設計から建設、運用、保守までのサイクルを通して評価されるべき、持続可能な開発に不可欠な要素であるとしています。環境と天然資源のニーズに対応するだけでなく、持続可能な高速道路は、交通サービスの利便性、安全で快適な歩行、自転車、輸送ルートに対する需要に応えるものです。米国の高速道路当局は、国家環境政策法(NEPA)の要件を遵守するとともに、高度道路交通システム(ITS)、リサイクル、計画、環境対応を通じて持続可能目標に取り組んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]