ライドヘイリングサービス市場、2028年に987億4,511万米ドル規模へ到達予測

ライドヘイリングサービス市場は、2021年の489億2,278万米ドル規模から2028年には987億4,511万米ドル規模に成長すると予測され、CAGRは10.6%と推定されています。

ライドヘイリングサービスは、Grab、Lyft、Uber、Olaなどのオンラインプラットフォームを利用して、乗客が車両を呼び出すことができるサービスです。ドア・トゥ・ドアのサービスを提供するため、最も便利な交通手段の1つです。さらに、乗車依頼の際には、乗客と運転手の情報が伝達されるため、一般的なタクシーサービスよりも安全性が高いのが特徴です。

ライドヘイリングサービスの世界市場は、車両・燃料費の高騰、有利な政策、観光部門の繁栄、デジタル化プラットフォームの浸透の増加などが牽引しています。Ola、Uber、Lyftなどのサービスプロバイダーは、乗客の安全性と快適性を保証するために、車両の監視、フィードバック、評価システムなどの複数の改善を可能にし、それゆえライドヘイリングサービス市場の成長を強めています。さらに、都市部の交通渋滞を最小限に抑える相乗りや自転車シェアリングプログラムに対する通勤者から要望が高まっていることも、市場の需要に拍車をかけています。

例えば、Shouqi Limousine and ChauffeurはAlibaba Cloudと協力し、新しい5G Internet of Vehicleビジネスエコシステムを構築しています。Shouqi Limousine and Chauffeurは、Alibaba Cloudとパイロットプロジェクトを立ち上げ、オンラインライドヘイリングモバイルサービス向けの5Gエッジコンピューティングを調査しています。このプロジェクトは、5G下での交通におけるエッジコンピューティングの利用と成長を共同で研究するとともに、インテリジェント交通の新時代をリードすることで、公共交通産業の発展とアップグレードを促進するものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]