酢酸ビニルモノマー市場、2028年に108億8,228万米ドル規模に到達予測

酢酸ビニルモノマー市場は、2021年に76億2,897万米ドル規模となり、2028年には108億8,228万米ドル規模に達すると予測されており、年平均成長率は5.2%と予想されています。

酢酸ビニルモノマー(VAM)は、多くのポリマーや樹脂の製造に使用される重要な中間体です。化学品の製造に使用される原料であり、消費者や工業製品の幅広い製造に利用されます。建築、包装、繊維など最終用途産業から高い需要があります。

2020年、世界の酢酸ビニルモノマー市場において、アジア太平洋地域が最大の収益シェアを占めています。APACにおける都市化の進展と建設部門の成長は、酢酸ビニルモノマー市場のプレーヤーに十分な機会を提供しています。さらに、主に中国とインドにおける建築・建設産業は、市場成長に強く寄与しています。政府の取り組みや民間企業の大規模な投資は、酢酸ビニルモノマー市場を推進すると予想されます。

市場動向

様々な最終用途産業からの需要の高まり

酢酸ビニルモノマーは、ポリ酢酸ビニル(PVA)、ポリビニルアルコール(PVOH)、エチレン酢酸ビニル(EVA)等の製造に用いられる主要原料です。ポリ酢酸ビニルは、紙、木材、プラスチックフィルム、金属など、さまざまな素材に対して強い接着性を持っています。建築や家具などの業界からの接着剤需要の増加が、市場を牽引しています。さらに、多くの内装用ラテックス塗料の製造には、全成分の接着性を持たせるために酢酸ビニルモノマーベースのポリマーが使用されています。このように、世界的な塗料需要の増加が、酢酸ビニルモノマー市場の成長をさらに後押ししています。

用途別の洞察

酢酸ビニルモノマーの世界市場は、用途別にポリ酢酸ビニル(PVA)、ポリビニルアルコール(PVOH)、エチレン酢酸ビニル(EVA)、その他に分類されます。2020年の世界の酢酸ビニルモノマー市場では、ポリ酢酸ビニルセグメントが最大のシェアを占めています。ポリ酢酸ビニルは、木工用接着剤、白色接着剤、大工用接着剤、学校用接着剤の重要な成分です。塗料、接着剤、紙用コーティング剤、繊維処理剤におけるポリ酢酸ビニルの使用は増加しています。このため、酢酸ビニルモノマーの需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]