燃料管理システム市場、2028年に20億8,956万米ドル規模に拡大予測

燃料管理システム市場は、2021年の10億8,464万米ドル規模から2028年には20億8,956万米ドル規模に拡大すると予測されており、年平均成長率は9.82%と推定されています。

燃料管理システムは、車両をリアルタイムで可視化しながら、燃料の使用を追跡・管理する技術ベースのソリューションです。車両運行管理者が車両運行管理のライフサイクル全体を対象にできるよう、無線周波数識別やプログラマブルロジックコントローラなどのテレマティクスソフトウェアや技術の使用が増加していることが、燃料管理システム市場の拡大を促す主な理由となっています。

燃料管理システム市場の拡大は、産業分野で生産性と効率を向上させるために、より良い燃料管理の必要性が高まっていることが要因となっています。さらに、消費者体験を提供するためのeコマース・プラットフォームの急成長により、供給・物流業界は高度なIoT技術を取り入れるようになりました。フォード・コマーシャル・ソリューションズは2020年6月、GPS追跡とジオフェンシング、燃料モニターの消費を含むWebベースのソフトウェアプラットフォームとサブスクリプションサービスであるフォード・テレマティクスTMを発表しました。

市場動向

燃料の盗難は、業界の大きな問題です。ガソリン価格の高騰により、盗難やその他の不正行為による損害の可能性があります。したがって、ガソリンの盗難に対抗するためには、盗難防止用のスマートデバイスや燃料監視ソフトウェアなどの標準的なプロセスや効果的なソリューションを導入する必要があります。このニーズに応えるため、企業は自動燃料監視システムを開発しています。例えば、Aerisは2020年2月にインドで燃料監視システムを提供するためにOmnicommと提携しました。この戦略的提携は、建設業や機関車など、事業における燃料盗難をターゲットにしています。同様に、Fuel Meは、燃料調達の完全なプロセスを含む様々なロードサイド支援サービスを提供することにより、商業輸送および建設業界向けのクラウドベースの燃料購入およびロードサイド支援アプリを発表しました。これらの進歩は、業界が安全性、可視性、持続可能性を向上させるために必要であり、ひいては燃料管理システム市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]