天気予報サービス市場2028年に27億3,252万米ドルに到達予測

天気予報サービス市場は、2021年の15億100万米ドルから2028年には27億3,252万米ドルに拡大すると予測されており、年平均成長率8.9%で成長すると推測されています。

高度な気象通知により、企業は天候の影響を受けやすい業務を事前に計画し、安全性、効率性、持続可能性を確保し、大幅なコスト削減を実現することができます。天気予報サービスは、石油・ガス、再生可能エネルギー、海運、メディア、農業、航空、公共事業、建設など、さまざまな業界で幅広く利用されています。再生可能エネルギー分野は、最終用途産業における電力消費量とエネルギー需要の増加により、予測期間中に気象予測サービス市場を支配すると予想されます。再生不可能な資源を再生可能エネルギーで代替することを目的とした政府の施策により、多くの産業企業が温室効果ガスの排出を削減し、クリーンなエネルギーを生産するよう奨励されています。これらの要因により、天気予報サービスに対する需要が増加すると予測されるため、天気予報サービス企業の成長が推測されています。

天気予報サービス市場の洞察

クリーンエネルギーへの大規模な投資と政府の支援

クリーンエネルギーに対する意識の高まりと、非営利政府組織からの強い要望は、世界的に普及を大きく後押ししています。これは、気候変動に対する不確実性の減少につながりました。国連環境計画(UNEP)のある調査によると、2019年、再生可能エネルギーに対する世界の投資額は2018年から1%に上昇し、2822億米ドルと評価されました。さらに、米国は再生可能エネルギーへの投資額が28%増加したのに対し、欧州地域は2019年にクリーンエネルギー関連支出が7%減少しました。全体として、再生可能エネルギーとクリーンエネルギーに対する世界の投資総額は、特に過去数年間において着実に増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]