フライアッシュ市場、2021年~2028年はCAGR4.8%で成長予測

フライアッシュ市場は、2021年に328億3,000万米ドル規模、2028年には457億3,000万米ドル規模に達すると予測されており、CAGR4.8%で成長すると予想されています。

フライアッシュは、燃焼時の残渣として発生し、二酸化ケイ素、酸化アルミニウム、酸化第二鉄、酸化カルシウムなどの微粒子を含んでいます。灰色の微粉末で、ポゾラン特性を持ち、石灰と反応してセメント化合物を形成し、セメントとコンクリートの混合、鉱山やダム、埋立地、エポコンクリートなど幅広い用途で使用されます。フライアッシュは、混合時にコンクリートの性能を向上させ、また熱分解時にポリエチレンを変換する触媒として作用します。

2020年では、アジア太平洋地域が最大のシェアを占めています。この地域におけるフライアッシュ市場の成長は、鉄道網、フライアバー、高速道路などのインフラ開発の増加、住宅・商業建築の活発化、政府やその他の規制機関がフライアッシュのリサイクルや再利用を重視していることに起因しています。インド、中国、日本などの政府は、エネルギーを節約し、埋立地や池へのフライアッシュの投棄を避けるために様々な取り組みを行っており、その結果、コンクリートやポルトランドセメントにフライアッシュを使用することが多くなっています。したがって、アジア太平洋地域のフライアッシュ市場の成長は、政府のインフラ開発プロジェクトの増加や、同地域における新しいインフラの建設にフライアッシュベースのコンクリートが利用されるようになることによって推進されます。

市場動向

建設業の継続的な成長がフライアッシュ市場の成長を促進

中国やインドなどのアジア太平洋地域は、世界で最も建設業が盛んな地域です。このような建設活動の活発化により、建設資材に対する需要が高まっています。フライアッシュは、セメント、コンクリート、レンガ、ブロックなど、建設に特化した用途に利用されています。住宅や商業施設の建設活動の増加や、インフラ開発の急増が、フライアッシュの需要を促進しています。北米では、建設産業がこの地域の平均的な経済に貢献している主要な企業の一つです。この地域の人口の増加と商業部門の急成長が、北米の建設部門を牽引しており、フライアッシュの需要を生み出しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]