光医療機器・技術市場は、2021年~2028年の年平均成長率は5.3%と推定

光医療機器・技術市場は、2021年の4億9,740万米ドルから2028年には7億1,291万米ドルに達すると予測され、年平均成長率は5.3%と推定されます。

光医療は、光生物学と光を用いて病気やその他の病状を治療する医学の一分野です。レーザー、フルスペクトル光、ダイクロイックランプ、多色偏光、発光ダイオード、蛍光灯などが用いられ、特定の波長の光を照射して治療します。光医療は、さまざまな疾患に対する新しい治療法の選択肢として、旧来の診断・発見技術を凌駕するものとなっています。光医療の適用範囲の拡大や低侵襲・非侵襲治療への需要の高まりなどが、光医療機器・技術市場の成長を後押ししています。しかし、光医療技術に関する厳しい規制が市場の成長を妨げています。

低侵襲・非侵襲治療への需要の高まりが光医療機器・技術市場の成長を後押し

近年、低侵襲性医療処置の人気が高まっています。これは、小さな切開を伴うこと、患者の回復が早いこと、患者に与える不快感が少ないことに起因します。また、光医療は、痛みの軽減、筋肉・神経・組織・臓器への外傷の軽減、出血や瘢痕の軽減、組織への傷害の軽減などのメリットがあります。米国形成外科学会によると、2020年には米国で1,560万件以上の低侵襲な美容整形手術が行われたそうです。2020年には、合計13,281,235件の低侵襲美容整形手術が行われました。上位5つの美容低侵襲手術では、2020年に827,000件以上のIPL手術が行われたことを記録し、レーザー脱毛治療に代わって強力パルス光(IPL)治療が行われました。国際美容整形外科学会(ISAPS)が発表したグローバルレポートによると、世界で行われた美容・美容整形の件数は、2014年の20,236,901件から2018年には23,266,374件に増加しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]