医療用聴力計デバイス市場2021年~2028年は年平均成長率4.4%で成長予測

医療用聴力計デバイス市場は、2021年の1億2,958万米ドルから2028年には1億7,573万米ドルに達すると予測され、年平均成長率4.4%で成長すると予想されています。

医療用聴力計デバイスは、聴力のレベルを評価し、難聴の重症度を測定・診断するために使用される機器です。聴力計は、ヘッドフォンに接続された内蔵ハードウェアと、フィードバックボタンで構成されています。このシステムの制御には、通常のPCが使用されます。聴力検査は、人の聴力を測定するための技術です。オージオメトリの種類には、イミタンスオージオメトリ、純音オージオメトリ、誘発反応オージオメトリ、スピーチオージオメトリがあります。様々な技術の進歩により、ハイブリッド型オージオメーターやPCベースのオージオメーターが開発され、コミュニケーションやQOLの向上が図られています。

市場動向

聴覚障害の発生率の増加

聴覚障害の有病率は世界的に増加しています。聴覚障害は、成人のよく聞こえる耳で40デシベル(dB)以上、小児のよく聞こえる耳で30dB以上の音の聞き取りに障害をもたらす可能性があります。聴覚障害は、遺伝性または先天性の障害である場合と、感染症、慢性的な耳の感染症、過度の騒音、および老齢が原因で起こる場合があります。はしか、おたふくかぜ、髄膜炎などの小児期の感染症、慢性中耳炎も聴覚障害の原因となります。難聴は、特に先進国において、患者の中で最も一般的な疾患となっています。世界保健機関(WHO)によると、世界人口の5%が聴覚障害者であると言われています。この病状を抱える人の数は、2050年までに9億人以上に達すると予想されています。同様に、聴覚産業協会によると、2019年に米国で配布された補聴器は422万個以上であり、2018年に報告された数よりも6.5%の増加を記録しています。アメリカ難聴協会(HLAA)の報告書「Hearing Loss Facts and Statistics 2018」によると、~4,800万人のアメリカ人がある程度の難聴であることが分かっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]