自動車用ECU市場、2028年に426億4,995万米ドル規模に到達予測

自動車用ECU市場は、2021年の281億5,575万米ドルから2028年には426億4,995万米ドルに達すると予測され、年平均成長率は6.1%と予想されています。

自動車用ECUは、自動車に組み込まれ、多くのタスクを制御するシステムです。データやサービスを調整するように設計されており、ソフトウェアに大きく依存しています。大半は、省エネや排出ガスの削減、高い信頼性と安全性の基準を満たすために自動車に搭載されています。また、エンドユーザーの安全性、快適性、コストなどの基準を満たすことにも役立っています。システム設計やソフトウェア開発の変化、統合的なサービスの進化が、新たなビジネスの可能性につながります。

世界中で電気自動車の需要が高まっていること、また、公害を減らし効率を高めることができるため、電気自動車やハイブリッド車への組み込みシステムの採用が進んでいることが、予測期間中の自動車用ECUの世界市場の成長を促進すると予想されます。自動車の安全機能に対する顧客の関心の高まり、自動車分野における自動化の進展、排ガスの制限と燃費の向上を目的とした政府の試みは、予測期間中の自動車用ECU市場の成長を促進するものと期待されます。さらに、コネクテッドカーに対する需要の高まりや、自動車におけるセンサーやエンジニアリングシステムのニーズの高まりが、今後数年間の市場成長の原動力となる可能性があります。

交通機関の電化は、21世紀の主要な発展の1つです。フォーブスによると、電気自動車(EV)の世界販売台数は2017年から2018年にかけて65%増加し、210万台に達し、2019年も販売台数は安定しています。世界各国の政府は、電気自動車の利用を促進するために、政策を導入し、取り組みを行っています。インドのFAME(Faster Adoption and Manufacturing of Hybrid & Electric Vehicles)スキーム、カリフォルニア州のゼロエミッション車プログラム、欧州連合のグリーンカー・イニシアチブなどのプログラムは、補助金や減税などのインセンティブを提供することで電気自動車の普及を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]