ビデオ検査装置の市場規模は、2028年に18億3,435万米ドル規模へ拡大予測

ビデオ検査装置の市場規模は、2021年の13億1,163万米ドルから2028年には18億3,435万米ドルに拡大すると予測されており、年平均成長率4.9%で成長すると推測されています。

世界中の下水道事業の数は、市場シェアを伸ばしています。工業、商業、住宅分野の排水システムや下水道の性能を途切れさせることなく維持するためには、タイムリーなメンテナンスと清掃サービスが必要です。米国をはじめとする先進国の地方自治体は、下水道整備に多大な投資を行っています。米国農務省(USDA)は、水処理・廃棄物処理プログラムを運営しており、農村地域の下水道、飲料水、雨水排水施設に対する助成金や融資も行っています。このようなプログラムの対象は、直接融資と補助金については人口1万人以下、保証付き融資については5万人以下の農村地域に限定されています。こうした取り組みも、ビデオ検査装置市場の成長を後押ししています。

また、こうした投資は、国内の上下水道システムの運用や改修に活用されています。例えば、2018年、アイリッシュウォーターは、アイルランドの下水道インフラを強化するために、下水道インフラプログラムに約2億6,307万ユーロを投資しました。しかし、環境保護庁(EPA)によると、投資不足のため、処理場や公共下水道の整備が不足しています。こうしたことから、ビデオ検査装置を中心とした高度な排水サービスの利用が進んでいます。 業界では 下水道用ビデオカメラとロケート装置は、排水、パイプ、下水を検査し、ブロックがある場合はその場所を特定します。家庭や産業界では、突貫工事や液体の排水管洗浄剤、下水道や排水管の補強工事では解決できない詰まりを解決するために、ビデオ検査ツールやサービスを求めています。

アプリケーションベースの市場動向

ビデオ検査装置の市場規模は、用途別に排水溝・下水道、電線管・ダクト、パイプライン、その他に分類されます。2020年、ビデオ検査装置の世界市場全体では、排水口・下水道分野が最大の市場シェアを占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]