光ファイバーセンサーの市場規模、2028年に55億624万米ドル達成予測

光ファイバーセンサーの市場規模は、2021年の29億8,047万米ドルからCAGR9.16%で成長し、2028年には55億624万米ドルに達すると予測されています。光ファイバーセンシングは、化学変化、ひずみ、温度、電界・磁界、圧力、変位、回転、放射線、液面、流れ、光の強さ、振動などを測定するための技術です。光センサーは、分散したセンシングではなく、直線的でシームレスなセンシングが可能であり、さらに、通信用途ではセンサーとして機能し、センシング動作に電気を必要としないという特徴があります。また、高電圧、高温、腐食性などの環境下でも使用可能で、リモートセンシングが可能です。光ファイバーセンシングは、石油・ガス、製造業、インフラ、電力・ユーティリティ、自動車、ヘルスケアなどの分野のアプリケーションで見られます。2019年6月、LunaはMeggittとライセンス契約を締結しました。この契約は、航空機の火災・過熱検知装置用の光ファイバー部品と技術の供給を目的としています。

COVID-19パンデミックの光ファイバーセンサー市場への影響

COVID-19パンデミックは、電子機器や半導体などの産業界に混乱をもたらしました。製造部門、設備投資、研究開発、需要、サプライチェーン、生産判断、M&A(合併・買収)など、ビジネスモデルのあらゆる局面で激変が見られました。過去数ヶ月間、COVID-19の発生は、エレクトロニクスやメーカーの戦略立案に深刻な問題をもたらしました。原材料供給の混乱、製造ユニットの一時的な閉鎖、限られた資金、顧客からの需要の低下などが、電子機器・半導体メーカーに悪影響を及ぼしています。

自動車分野での需要拡大が光ファイバーセンサー市場の成長を促進

自動車業界では、光ファイバーセンサーは照明用途に使用されています。光ファイバーは冷たい光を伝達するため、従来のシールドビームやハロゲン照明に代わる安全な照明となります。安全面でのメリット以外にも、光源へのアクセスが容易で、デザインの自由度が高いというメリットがあります。また、光ファイバーを使用することで、光源と出力の位置を分離することができます。これにより、物理的なスペースを縮小しながらも、高性能な照明オプションを提供することができ、アクセスが困難な場所や制限された場所にも適しています。また、自動車では、エアバッグ、トラクションコントロール装置、セーフティシステムの作動など、搭載されている安全装置やシステムにセンサーが使用されています。Organisation Internationale des Constructeurs d’Automobiles(OICA)によると、2019年は世界で9,130万台の自動車が販売されました。さらに、APAC(アジア太平洋)の新興国を中心とした可処分所得の増加は、乗用車の販売を促進し、光ファイバーセンサーの採用を促進します。このように、自動車の年間販売台数の増加は、光ファイバーセンサー市場を促進する重要な要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]