航空機用ホイールのMROの市場規模、2028年に27億6,954万米ドル到達予測

航空機用ホイールのMRO(メンテナンス・リペア・オーバーホール)の市場規模は、2021年の17億425万米ドルからCAGR7.2%で成長し、2028年には27億6,954万米ドルに達すると予測されています。ここ数年の航空業界の急成長に伴い、航空機の車輪のMROサービスに対する需要も高まっています。APAC(アジア太平洋)の新興国では、航空機用ホイールを含む商業用および軍用の航空機部品のMROサービスの導入が大幅に増加しています。シンガポール、マレーシア、タイなどの確立されたMROハブでは、航空機用ホイールのサービスから大きな収益を上げています。シンガポールにおける航空機用ホイールのMROサービスハブは、AMETEK Singapore Pte、SIA Engineering、Singapore Technologies Aerospaceなどが存在します。2019年6月には、Singapore Technologies EngineeringがVietnam Airlines Engineering Company(VAECO)と合弁会社を設立し、ベトナム航空にホイールをはじめとする航空機部品のMROサービスを提供しています。

さらに、ウィスコンシン州経済開発公社(WEDC)によると、シンガポールには120社以上の航空宇宙企業があり、APACにおけるMROサービス事業の25%に関わっています。また、シンガポールを拠点とする航空会社では、乗客数が大幅に増加しているため、自社の航空機を長期間にわたって運航する必要があります。飛行頻度は、車輪やその他の航空機部品の修理や交換などのMRO活動の需要に直接比例します。一方、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピンなどの国でも、旅客航空サービスの需要の増加に伴い、航空機のホイールのMROサービスが急増しています。このように、APACにおける航空機MROサービスプロバイダーの数の増加と航空機保有台数の増加は、航空機用ホイールのMRO市場のプレーヤーにとって有利なビジネス環境を作り出しています。

COVID-19パンデミックの航空機用ホイールのMRO市場への影響

COVID-19パンデミックによるウイルス感染の急拡大から、各国政府が車両や人間の移動に厳しい制限を課すようになりました。航路による旅の禁止は、2020年前半に設定された厳しいルールの一つでした。これらの禁止令により、航空業界は操業を停止し、期間中の収益が大打撃を受けました。また、空港部門では、乗客数、航空機の移動、収益の大幅な減少が見られ、収入が大幅に減少したため、MROサービスへの投資が制限されました。これらの要因により、航空機のMROサービスに対する需要が低下し、航空機用ホイールのMRO市場の成長が制限されました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]