紙および板紙製トレーの市場規模、2028年に73億1,926万米ドル到達予測

紙および板紙製トレーの市場規模は、2021年の49億4,209万米ドルからCAGR5.8%で成長し、2028年には73億1,926万米ドルに達すると予測されています。紙および板紙製トレーは、一般的に新鮮な野菜や果物、卵、サラダ、ドライフルーツ、その他の食品・飲料製品の包装に使用されるパッケージ製品です。また、携帯電話やノートパソコン、イヤホン、プリンターなどの家電製品、化粧品やパーソナルケア製品、医療機器、ガラス製品や宝飾品などの消費財の包装にも使用されています。これらのトレーは、バージンまたはリサイクル繊維で作られています。パッケージ内の製品にクッション性を与え、輸送中の安全性を確保します。

2020年、世界の紙および板紙製トレー市場では、アジア太平洋地域が最大シェアを占めました。アジア太平洋地域の紙および板紙の包装市場は、パッケージ産業の急速な拡大、食品小売・外食産業の成長、持続可能なパッケージソリューションに対する消費者の意識の高まりなどを背景に、顕著な成長を遂げています。アジア太平洋地域の外食産業は、観光産業の成長や消費者のライフスタイルの向上、可処分所得の増加などにより拡大しています。紙および板紙製トレーのメーカーは、潜在的な顧客層の存在、安価なインフラや労働力、豊富な資源、自由貿易政策などを理由に、アジア太平洋地域での事業拡大に注力しています。このことは、今後数年間、メーカーに有利な市場機会をもたらすと考えられます。

COVID-19パンデミックの紙および板紙製トレー市場への影響

COVID-19パンデミックは、ロックダウン、渡航禁止、事業停止などにより、様々な国の経済や産業に影響を与えています。北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アフリカなどの地域で製造工場が停止したことにより、世界のサプライチェーンに影響を与え、製造能力、配送スケジュール、商品の販売に悪影響を及ぼしました。パンデミックは生産と需要に直接影響を与え、サプライチェーンや市場の混乱を招き、企業の財務状況や世界経済にも多大な影響を与えています。パッケージング業界は、サプライチェーンの断絶や生産工場の操業停止など、深刻な混乱に見舞われている主要産業の一つです。

COVID 19が世界中に広まったことで、ほとんどの国が緊急事態を宣言し、不必要な移動を止めたため、商品のサプライチェーンに大きな影響を与えました。サプライチェーンの混乱は、経済のスピードダウンを引き起こしました。製造施設は、社会的な距離の確保を急ぎ、さらなる混乱と処理能力の低下を引き起こしました。紙・板紙業界では、今後もサプライチェーンの不安を抱え続けています。自己隔離により供給が不足したことで、多数の製造ユニットが中国のサプライチェーンを避けています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]