人工角膜および角膜移植の市場規模、2028年に6億9,618万米ドル到達予測

人工角膜および角膜移植の市場規模は、2021年の4億2,186万米ドルからCAGR7.4%で成長し、2028年には6億9,618万米ドルに達すると予測されています。人工角膜の移植手術は、損傷した角膜の全部または一部を除去した後、健康なドナー組織と置き換えるために行われます。現在、世界的に角膜のドナーが不足しており、多くの国で眼と組織のバンキングプロセスが初期段階にあります。一方で、眼の移植は拒絶反応を起こす可能性があり、眼の感染症や視力低下の原因となることもあります。角膜移植は、円錐角膜や特定の変性疾患などの治療のために行われます。人工角膜組織は、シリカなどの高分子プラスチックで作られており、その移植には、合成角膜移植と生合成角膜移植の2種類があります。

人工角膜および角膜移植市場の成長は、角膜失明症を引き起こす眼疾患の増加や、高齢者人口の増加などに起因しています。しかし、眼科手術や機器のコスト高が、市場成長の妨げになっています。

3Dプリント人工角膜が同市場の今後のトレンドに

幹細胞と無細胞角膜間質から作られた3Dプリント人工角膜は、眼科手術の際に寄付された角膜に代わるものとして期待されています。韓国のPohang University of Science and TechnologyとKyungpook National University School of Medicineの研究チームは、組織ベースのバイオインクを用いて人工角膜を3Dプリントし、その研究結果を Biofabrication に発表しました。3Dプリントされた人工角膜は、角膜組織を材料としているため、生体適合性があり、3Dセルプリント技術により角膜の微小環境を再現し、人間の角膜のような透明性を実現しています。また、3Dプリントされた人工角膜は、患者に移植された人工角膜に関する合併症を克服するのに役立ちます。

ニューカッスル大学の研究者も、3Dプリントされた人工角膜を世界で初めて開発しました。このプロジェクトで最も難しかったことは、凹状の形状を維持するために適切な材料を使用することと、3Dプリンターのノズルから噴射できるような薄いインクを見つけることだったとエンジニアは説明しています。健康な人間の角膜が1枚あれば、50枚の人工角膜を3Dプリントすることができ、これは眼科領域では画期的なことです。さらに、3Dプリンターの大きな利点として、コラーゲンを何層にも重ねて蒸着することができるため、天然の角膜マトリックスのコラーゲン繊維の組成をシミュレーションすることができます。このように、3Dプリントされたバイオ角膜は、臨床使用のための製品化に成功すれば、人工角膜および角膜移植市場の重要なトレンドとして浮上する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]