システムオンモジュールの市場規模、2028年に29億1,120万米ドル到達予測

システムオンモジュール(SoM)の市場規模は、2021年の16億5,160万米ドルからCAGR8.4%で成長し、2028年には29億1,120万米ドルに達すると予測されています。産業用アプリケーションでは、モノのインターネットや組み込みコンピュータの導入が進んでいます。自動車や輸送分野でのSoftware-Defined Radio(SDR)の必要性や、コスト削減、安定性・信頼性の向上など、システムオンモジュールに関連するメリットが市場の成長を後押ししています。産業技術の進歩により、無線接続技術、スマートセンサー、イメージングソリューションが導入されたことで、メーカーは複数のコアを持つシングルチップシステムを提供し、アプリケーションの改善や信頼性の向上を図ることができるようになりました。例えば、エンベデッドコンピューティングのリーダーであるToradex社は、2020年2月にシステムオンモジュールの最新ファミリーであるVerdinを発表しました。この製品は、使いやすさと堅牢性に重点を置いた、将来性のある一連のインターフェースを提供します。さらに、航空宇宙・防衛産業で使用される堅牢な組込みコンピュータに搭載されるシステムオンモジュールの需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。システムオンモジュール市場は、RAMやDRAMなどの揮発性メモリ技術と、処理サブシステムの不揮発性フラッシュメモリを1つのモジュールに統合したもので、組み込みプラットフォームを使用した最終製品の構築に広く使用されています。このように、演算性能と超低消費電力により、組み込みシステムの需要が高まっていることが、システムオンモジュール市場の成長を促進しています。

COVID-19パンデミックがシステムオンモジュール市場に与えた影響

COVID-19が発生するまでは、システムオンモジュール市場のプレーヤーは、エンドユーザーから大きな需要を得ていました。COVID-19の発生により、世界各国の政府は様々な封じ込め策を講じました。各国政府のもとで完全なあるいは部分的な封鎖が行われ、企業は様々な規制の下でビジネスを行うようになりました。また、システムオンモジュール市場のサプライチェーンは、X86側では市場関係者による定期的なアップデートが行われていたため影響はありませんでしたが、システムオンモジュール市場のハードウェア側では、製造施設が閉鎖され、限られた人員で運営されていたため、混乱を余儀なくされました。また、主要産業の売上高が減少したため、システムオンモジュール市場の採用率は低い水準で推移しました。その後、経済が再開され、抑制策が緩和されたことで、システムオンモジュール市場は2021年にはプラスの成長を見せ始めました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]