デュアルクラッチトランスミッションの市場規模、2028年に203億7,275万米ドル到達予測

デュアルクラッチトランスミッション(DCT)の市場規模は、2021年の125億7,610万米ドルからCAGR7.1%で成長し、2028年には203億7,275万米ドルに達すると予測されています。デュアルクラッチトランスミッションの主な利点は、トルクコンバーターを用いたオートマチックトランスミッションシステムよりも高いエネルギー効率と、ギアシフト時のトルクギャップを減らすことで、シームレスな縦方向の加速プロファイルを可能にする機能です。そのため、DCTは自動マニュアルトランスミッション(AMT)に代わる有力な選択肢となります。大きなトルクを発生するエンジンを搭載した車両では、パワーオンのギアシフト時にクラッチスリップのエネルギーロスが大きくなります。そのため、DCTには放熱効果の高い湿式クラッチが必要となります。一方、ハッチバックのような低価格車の需要が高まっていることから、ホットハッチ用のデュアルクラッチトランスミッションの市場が拡大しています。ホットハッチは、標準バージョンの車に比べてかなりのパワーを発生するため、DCTはOEMのトランスミッションとして選ばれています。この点から、ホットハッチのコンセプトは一貫して増加しており、より速いシフトチェンジのトランスミッションに対する需要が高まっています。トルクコンバーターはスペースをとらない優れた選択肢ですが、消費者は、変速のより速いDCTを求めており、今後、ホットハッチの需要が増えれば、DCTのニーズも高まることが予想されます。

デュアルクラッチトランスミッションを採用することで、加速性が向上し、スムーズなギアシフトが可能になるため、ドライビングエクスペリエンスを効率的に高めることができます。そのため、中国、インド、韓国、ブラジルなどの発展途上国の自動車に採用が増えています。さらに、世界各地でハイブリッド車の導入が進んでいることに加え、DCTの統合が進んでいることから、今後、魅力的な販売機会が生まれると考えられます。ハイブリッド車は、燃費が良く、CO2排出量が少なく、パワーがあるように設計されています。HCVは、デュアルクラッチトランスミッションシステムなど、さまざまなソースから電気エネルギーを得ており、駐車中やアイドル状態のとき、あるいは電気モーターのパワーが十分でICEの助けを借りずに車を走らせることができるときには、エンジンを停止してエネルギーを節約することができます。DCTを搭載することで、オートマチックトランスミッションよりも燃費が良く、マニュアルトランスミッションよりもスムーズな走行が可能になります。また、DCTはスムーズで精度の高いシフトチェンジが可能なため、パフォーマンスの面でも好まれることからHCVに搭載される傾向にあり、メーカーにとっては効率的なDCTを設計する大きなチャンスとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]