DAB向けトランスミッターの市場規模、2028年に1億4,602万米ドル到達予測

DAB向けトランスミッターの市場規模は、2021年の9,588万米ドルからCAGR6.19%で成長し、2028年には1億4,602万米ドルに達すると予測されています。Rural Health Information Hubによると、米国には65歳以上の高齢者が4,600万人以上おり、2050年には9,000万人に達すると予測されています。専門家によると、高齢者の日常生活は、ラジオが身近であり、音楽を聴くことに価値を感じています。そのため、DAB向けトランスミッター市場のプレーヤーは、最新のデジタルリスニング技術を自社製品に取り入れるよう努力しています。また、オーストラリアやインドなどのアジア太平洋地域の高齢者は、ラジオを聴くことでリラックス効果が得られ、気分が安定し、幸福感を得られると言われています。さらに、インドは世界最大のデジタルラジオ市場を目指しており、メンテナンスコストの低さと音質の向上により、高齢者の間でデジタルラジオシステムの普及が進み、DAB向けトランスミッターの需要が高まっています。欧州では、多くの国でデジタルラジオシステムがすでに日常的に使用されており、その他の国でも短・中波放送用アナログシステムからデジタルシステムへの移行が待ち望まれています。一般的に、農村部は都市部よりも高齢者人口が多い傾向があります。 デジタル形式でのメディア消費の増加、デジタルメディアをサポートできるデバイスの可用性の向上、およびインターネットアクセスと速度の継続的な向上により、今後数年間でデジタルラジオシステムの採用が促進され、DAB向けトランスミッター市場の成長が促進されます。

デジタルラジオ技術は、アナログラジオ技術よりも多くの利点があるため、通信業界に革命をもたらしています。DAB技術は、不要なバックグラウンドノイズをフィルタリングすることで、アナログラジオと比較して最大20%のカバー率を実現します。また、デジタルラジオには暗号化機能が標準装備されています。DAB向けトランスミッターは、同じ帯域でより多くのラジオサービスをサポートすることができます。さらにDABは携帯電話での聴取においてノイズやマルチパスフェージングに強く、この技術が市場の成長を後押ししています。

堅牢な機器への要求が高まっていることから、DAB向けトランスミッターのメーカーは、優れた品質と信頼性を備えたデジタルラジオの設計および開発に力を注いでいます。メーカーは、自動車やオフィス、トランスミッター製品に組み込むことができる、携帯型の双方向ラジオシステムを幅広く提供しています。デジタルラジオシステムは、GPS追跡機能や発信者番号通知機能を備え、厳しい環境下で高いIP規格の取得を可能にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]