スパークリングウォーターの市場規模、2028年に552億9,858万米ドル到達予測

スパークリングウォーターの市場規模は、2021年の232億7,130万米ドルからCAGR11.7%で成長し、2028年には552億9,858万米ドルに達すると予測されています。スパークリングウォーターの需要は、体重管理、消化促進、水分補給など、その健康上の利点により大幅に増加しています。健康志向の高い消費者は、ソーダやジュースの代わりに無糖のものを好む傾向にあり、このことが同市場を牽引しています。また、市場プレーヤーによるフレーバーを加えた新製品の発売は、市場の成長をさらに後押ししています。

アジア太平洋地域のスパークリングウォーター市場は、今後、最も高いCAGRで成長すると予想されています。中国、インド、日本、韓国などの国々では、食品および飲料の多くの分野が確立されているため、パッケージングソリューションの需要が高まっています。加工食品の消費が急増していることと、包装技術の向上がスパークリングウォーター市場の成長を後押ししています。消費者の健康志向高まりと同時に、水分補給は飲料ビジネスにおいて重要な課題となっており、ボトルウォーター、ココナッツウォーター、機能性飲料などの需要が増加しています。清涼飲料水メーカーはこの傾向に対応して、水分補給に焦点を当てたスポーツドリンクや機能性ボトルウォーターを発売しています。

COVID-19パンデミックのスパークリングウォーター市場への影響

COVID-19パンデミックに伴い、多くの国が健康上の緊急事態を宣言し、不必要な移動を制限したため、商品のサプライチェーンに大きな影響を与えました。これにより、消費者は免疫力を高める健康的な食品や飲料を求めるようになりました。COVID 19の基準が緩和されたことで、市場の活動は必要な予防措置を講じた上で再開されました。このパンデミックは、健康的で栄養価の高い食品および飲料に対する消費者の購買行動に大きな影響を与えました。パンデミックの初期数ヶ月間は、公共の場やオフィスの大半が閉鎖されたため、スパークリングウォーターの商業的需要が大幅に減少しました。しかし、家庭への隔離命令が広まったことで、世界中の家庭における多様なボトルウォーターの需要に拍車がかかりました。今回のパンデミックによるスパークリングウォーター市場への影響は軽微であり、今後2〜3四半期で回復すると予想されます。

スパークリングウォーターがもたらす健康効果

すべての年齢層で健康的なライフスタイルを求める傾向が強まっていることから、消費者の趣向は、ソーダや砂糖入り炭酸飲料の代替として、スパークリングウォーターをはじめとする健康的な飲料にシフトしています。スイスの食品・飲料メーカーであるNestleによると、消費者の64%がカロリーを含まない機能性飲料を好んでおり、若い世代の消費者は、普通の水よりもスパークリングウォーターを選ぶ傾向があります。また、清涼飲料水は、高血圧や糖尿病などの病気の発症率を高める原因となっており、フレーバー付きウォーターやスパークリングウォーターなどの無糖飲料への消費者の関心が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]