ドロマイトの市場規模、2028年に285億5,814万米ドル到達予測

ドロマイトの市場規模は、2020年の217億2,797万米ドルからCAGR3.7%で成長し、2028年には285億5,814万米ドルに達すると予測されています。ドロマイトは、合金鉄産業の重要な材料であり、製鉄所などで広く使用されています。また、土壌改良剤として機能し、土壌のpHバランスを整えることができるため、農業分野でも欠かせない用途となっています。この物質の重要なエンドユーザーには、石油・ガス、化学、ゴム、鉱山・金属、水処理、医薬品、化粧品などがあります。これらの産業は、特に発展途上国で大きな成長を遂げており、ドロマイトの需要も継続的に増加しています。しかし、ドロマイト生産者にとっては、採掘活動による環境への悪影響が懸念されています。

2020年のドロマイト市場は、アジア太平洋地域が最大シェアを占めています。工業化の急速な進展により、交通インフラへの投資が促進されています。さらに、耐火物生産の増加が、同地域の鉄鋼産業におけるドロマイトの需要を促進しています。中国は世界の主要な鉄鋼生産国であり、インドはインフラの急激な成長を遂げています。これらの要因は、この地域のドロマイト市場のプレーヤーに成長機会を提供しています。

COVID-19パンデミックのドロマイト市場への影響

COVID-19パンデミックは、化学・材料分野の状況を大きく変え、ドロマイト採掘市場の成長にマイナスの影響を与えています。SARS-CoV-2の感染拡大に対する対策により、建設、鉄鋼などの業界は、国内外の境界線の閉鎖に起因する業務効率の歪みやバリューチェーンの混乱の影響を受けました。いくつかの産業分野の成長が著しく低下したことで、ドロマイトの需要が減少しました。採掘作業の停止により、年間の生産実績が制限されました。このパンデミックが鉱業に及ぼす長期的な影響は、閉鎖期間の長さと業界関係者の再起能力にかかっています。多くの国が操業の再開を計画していることから、ドロマイトの需要は今後数ヶ月のうちに増加すると予想されます。ドロマイト採掘市場のプレーヤーは、完全な操業レベルを達成するために、素材の供給と人員の確保に注力しています。

ドロマイトの幅広い用途が市場の成長を促進

ドロマイトは、建設、鉄鋼、合金鉄、セラミックス、ガラス、農業、動物飼料などのエンドユーザー産業で幅広く使用されており、その硬さと高い密度から特に建設業界でよく使用される物質です。鉄鋼分野では、ドロマイトは、生ドロマイト、焼成ドロマイト、焼結ドロマイトの3つの形態で使用され、化学工業分野では酸の中和や河川の修復プロジェクトに使用されます。また、畜産分野では、家畜用の飼料添加物であるマグネシア(MgO)の原料としても使用され、その他にも、自動車用ガラス、建築用ガラス、ファイバーグラスなどの製造に使用されます。このように、建設、鉄鋼、セラミック・ガラスなど、様々なエンドユーザー産業の成長に伴い、ドロマイトの需要も拡大しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]