ダイアグラム作成ソフトウェアの市場規模、2028年に13億1,366万米ドル到達予測

ダイアグラム作成ソフトウェアの市場規模は、2021年の7億米ドルからCAGR9.4%で成長し、2028年には13億1,366万米ドルに達すると予測されています。ダイアグラム作成ソフトウェアは、大企業と中小企業の両方で採用が増加しています。企業は、フローチャート、マインドマップ、組織図、タイムライン、グラントチャートなど、さまざまな用途でこれらのソリューションを採用しています。ダイアグラムソフトウェアを採用することで、ワークフローや階層をより適切な方法で定義することができ、組織の透明性を高めることができます。さらに、ダイアグラム作成ソフトウェアソリューションは、マーケティング、人事、オペレーション、エンジニアリングなどに適用され、さらに、フローチャート、カスタマージャーニーマッピング、プロセスダイアグラム、プロジェクトマッピング、タイムラインダイアグラムなどの作成に役立ちます。Lucid Software.やCinergix Ptyなどの企業は、各部門の要求に応じて異なるソリューションを提供しています。また、これらのソリューションは、遠隔地にいるチームとリアルタイムで簡単にコラボレーションすることを可能にします。

COVID-19パンデミックがダイアグラム作成ソフトウェア市場に与える影響

COVID-19の突然の流行により、多くの人が自宅での仕事を通してオンラインで過ごす時間が増えており、デジタル技術の採用への移行を加速させています。デジタルリソースへの需要の高まりは、ソフトウェアおよびプラットフォーム企業のシステムに負担をかけています。また、プレゼンテーションや会議でのチームメンバー間のコラボレーションの必要性から、ダイアグラムソフトウェアの導入が地域全体で進んでおり、同市場の成長にプラスの影響を与えています。

クラウドベースのダイアグラム作成ソフトウェアの増加

先進国、途上国を問わず、工業化やグローバル化の進展に伴い、あらゆる産業で企業活動が活発化しています。さらに、世界の75%以上の企業が、ビジネスを回復させるために、デジタルトランスフォーメーションの導入を計画していることが確認されています。企業は、事前に設定したデジタル目標を達成するために、費用対効果の高い協調的なソリューションを採用することを検討しています。例えば、ダイアグラムソフトウェアのような無料のクラウドベースのプラットフォームの普及は、今後大きな勢いを増すと予想されます。クラウドベースのプラットフォームは、チームのワークフローの追跡を可能にし、コラボレーションや管理に役立ちます。図解ソリューションは、エンドユーザーによるビジネスの管理承認ワークフロープロセスの自動化と、完全な透明性を実現するのに役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]