クラウドコミュニケーションプラットフォームの市場規模、2028年に224億850万米ドル到達予測

クラウドコミュニケーションプラットフォームの市場規模は、2021年の46億3,230万米ドルからCAGR25.3%で成長し、2028年には224億850万米ドルに達すると予測されています。クラウドコミュニケーションプラットフォームは、開発者がアプリケーションプログラムインターフェース(API)を変更することで、クラウドコミュニケーションプラットフォーム製品とSMS、音声、ビデオ、検証機能との相互作用を決定することができます。BYOD(Bring-Your-Own-Device:自分のデバイスを持ち込むこと)の増加と、柔軟な働き方を提供することの重要性が、同市場の成長を後押ししています。職場でのBYODポリシーの高まりは、通信ネットワークの負担は増えるものの、クラウドコミュニケーションプラットフォームを導入することで、ネットワークの混雑問題を解決することができます。また、コネクテッドデバイスの需要が急増し、IoT(モノのインターネット)やクラウドベースのサービスの導入が進んでいることも、市場成長の主な要因となっています。さらに、インターネット接続の速度がクラウド通信プラットフォーム市場の成長を支配する重要な要因となっています。

COVID-19パンデミックのクラウド通信プラットフォーム市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界中の多くの産業に悪影響を及ぼしており、世界経済の低迷は、2021年の現在も続いています。しかし、いくつかの業界では、COVID-19の発生により、ビデオ会議、クラウド展開、デスクトップ仮想化などが進展し、プラスの影響を受けています。封鎖措置や個人の渡航禁止に伴い、世界中で在宅勤務制度が広がっており、クラウドコミュニケーションプラットフォーム市場の成長を後押ししています。

クラウドコミュニケーションプラットフォーム市場の動向

BYODポリシーでは、従業員が個人所有のデバイスを企業の目的のために使用することを認めています。この方法は、クラウドを利用することで、いつでも、どこからでも問題なくデータを見ることができます。企業におけるBYODの増加傾向は、クラウドコミュニケーションプラットフォーム市場にとって重要な要因となっています。現在、従業員の67%が職場で自分のデバイスを使用しており、39%近くの企業が正式なBYODポリシーを採用していることから、モビリティはSME(中小企業)にとって最も重要なコラボレーショントレンドの1つとして注目されています。中小企業では、従業員の個人所有のデバイスにクラウドサービスを利用できるようにすることで、自宅でもオフィスでも、業務遂行に必要なあらゆるものへのアクセスを提供しています。さらに、Cisco Systems社のレポートによると、BYODのコンセプトは、従業員と同時にユーザーの生産性も向上させることがわかっています。クラウドコミュニケーションプラットフォームベンダーは、企業のソーシャルメディアやセキュリティポリシーポータルなどのアプリケーションを接続することで、企業におけるBYODの導入をサポートするインフラを継続的に構築しており、その多くはマネージドモビリティサービス(MMS)につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]