風力タービンの基礎台の市場規模は、2028年に158億6,894万米ドル到達予測

風力タービンの基礎台の市場規模は、2021年の69億5,835万米ドルからCAGR12.5%で成長し、2028年には158億6,894万米ドルに達すると予測されています。風力エネルギーは、持続可能な代替発電として世界中で採用されており、発電と二酸化炭素排出量の削減を目的とした風車プロジェクトが採用されています。米国の風力タービンデータベース(USWTDB)によると、2021年1月時点で、米国では44州に67,000基以上のタービンが設置されています。

風力タービンの生産性を向上させる上で最も重要な要素であるブレードの長さとタワーの高さは、より強力かつ効率的で耐久性もあり、費用対効果の高いタービンの開発を目的として、次世代の研究開発の多くを牽引しています。その他にも、リアルタイムでデータを収集するインテリジェントなタービンの開発や、風力発電所の流れやタービンのレイアウトをモデル化して調整することで風の収量を最適化する取り組みなど、大きな進歩を遂げています。風力エネルギー技術局(WETO)は、業界と協力して、次世代の風力技術の性能と信頼性を向上させるとともに、風力エネルギーのコストを削減しています。さらに、WETOと米国エネルギー省のAdvanced Manufacturing Officeは、風力タービンブレードの金型を製造するために、3Dプリンティングとして知られるアディティブマニュファクチャリングを使用するために、官民のグループと協力しています。従来のブレード設計方法では、プラグまたは完成したブレードの実物大モデルを開発する必要があり、それを利用して金型を作成します。プラグモデルは、風車ブレードの製造において最も時間と労力を要する作業の一つです。これに対し3Dプリントは、これらの貴重な資源の節約を可能にします。風力発電技術は、信頼性の向上、容量の拡大、コストの削減を背景に、今後も成長を続けると考えられます。最新の風力タービンは、コスト効率と安定性が向上しており、定格出力も数メガワットレベルに増加しています。さらに、建設予定のプラムクリークプロジェクトでは、タービンの高さが最大で、60階建てのビルの高さに相当する655フィートにもなります。風力エネルギーは、ブレードが大きいほど効率的に取り込まれ、同じ量のエネルギーを生み出すのに必要なタービンの数が少なくて済むため、大きなタービンの方が小さな面積で済みます。さらに、大型のタービンは低い風速でも多くの電力を発生させることができるため、これまで採算の合わなかったプロジェクトを成功させることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]