人事評価ソリューションの市場規模、2028年に164億6,143万米ドル到達予測

人事評価ソリューションの市場規模は、2021年の74億2,159万米ドルからCAGR12.1%で成長し、2028年には164億6,143万米ドルに達すると予測されています。組織の成長にとって人の採用は常に不可欠な要素です。採用活動は、組織に適した候補者を選別、面接、評価、選択するという複雑なプロセスです。エンドユーザーの間で採用プロセスの改善を求める声が高まっていることや、テクノロジーを駆使した従業員スクリーニングツールの普及などが、人事評価ソリューションの採用を促進し、同市場を活性化させる要因になります。人事評価は、面接官に、候補者の職場環境における行動の洞察を提供し、仕事の成果や会社への適合性を予測します。面接官は、良心性、開放性、同意性、外向性、安定性などの候補者の本質的な性格特性や、社交性、リーダーシップ志向、承認欲求、協調性、信頼性、配慮、効率性、達成努力、平常心、抽象的思考、自信、創造的思考などの特性を正確に評価することができます。人事評価は、採用担当者に候補者の選択を改善する、客観的な洞察を提供します。同市場は、地域別に、北米、欧州、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカ地域に分類されます。

COVID-19パンデミックがパーソナリティ診断ソリューション市場に与える影響

2020年初頭、全世界的なロックダウンが実施された後、多くの産業の事業活動が機能しなくなりました。収入源の減少から、中小企業では採用活動にも大きな支障をきたしました。そのため、人事評価ソリューションの需要は減少し、2020年の人事評価ソリューション市場はゆるやかな成長に留まりました。しかし、大規模なITセクターでは、このパンデミックに関係なく採用活動が進んでいました。2020年半ば以降、複数の企業がデジタルプラットフォームを採用した後、企業は、遠隔地でも採用と事業継続を確保できる、テクノロジー支援型の採用ツールを一層採用するようになりました。この、テクノロジーを駆使した新時代の採用・人事ツールは、今後も範囲を広げ活用されると考えられます。

北米は、改革を進めるための政府の政策、充実した産業基盤、高い購買力などにより、人事評価ソリューション技術の成長にとって最も重要な地域になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]