掘削終了後の坑井仕上げに関わる装置およびサービスの市場規模、2028年に113億3,547万米ドル到達予測

掘削終了後の坑井仕上げに関わる装置およびサービスの市場規模は、2021年の85億996万米ドルからCAGR4.2%で成長し、2028年には113億3,547万米ドルに達すると予測されています。世界的なエネルギー消費量の増加に伴い、ここ数年、世界中で石油・ガス探査の需要が高まり、天然ガスの需要も増加しており、ガスリグの探査数も急増しています。また、世界の各地で新たな海洋油田プロジェクトが開始されており、このことも各国の坑井仕上げに関わる装置およびサービスの需要を押し上げています。2019年度の調査で報告された石油・ガスの坑井完成件数は1万4,000件を超えており、さらに、石油・ガス産業における産業革命4.0は、世界中の石油リグにおけるスマートウェル技術や坑井仕上げ装置の導入を促進し、市場成長の原動力となっています。また、インテリジェントな坑井仕上げシステムは、石油生産量と全体的な運用効率を50%以上に高めると報告されています。スマートウェル技術の採用は、生産率の向上、時間とコストの削減、水の注入量の減少、生産作業全体の監視、接続されたモニターやデバイスへのリアルタイムの更新など、さまざまな利点をもたらし、坑井ベンダーの間で人気が高まっています。このように、坑井技術の自動化は、世界中の坑井仕上げ装置およびサービス市場の成長を促進する大きな要因となっています。

COVID-19パンデミックの坑井仕上げ装置およびサービス市場への影響

COVID-19の突然の流行により、石油・ガス業界全体で需要が落ち込み、不確実性が広がり、経営支出への削減が続いています。この流行は、地域の石油・ガス部門に多くの影響を与えており、その発電施設では、上層部から自宅待機命令が出された後、建設・操業・保守プロジェクトを停止するなど、活動が縮小化しています。エネルギー業界では、このような防疫措置や操業停止により、技術、建設、製造の各担当者のレイオフやプロジェクトの動員停止などが多く発生しています。その結果、多くの油井ではメンテナンスやオペレーションの維持に苦労することになります。さらに、この状況下で、石油・ガス生産者がプロジェクトファイナンスや株式資本を得ることが困難になっています。COVID-19のパンデミックは、北米の坑井仕上げに関わる装置およびサービス市場に悪影響を及ぼしました。しかし、2021年以降、産業用機器の生産が活発化することが予想されており、坑井仕上げに関わる装置およびサービスを含む、産業用機器の製造にプラスの影響を与えることが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]