組織における従業員のソーシャルレコグニションシステムの市場規模、2028年に146億4,850万米ドル到達予測

組織における従業員のソーシャルレコグニション制度の市場規模は、2021年の58億2,890万米ドルからCAGR14.1%で成長し、2028年には146億4,850万米ドルに達すると予測されています。現在、従業員ソーシャルレコグニションへの上級管理職の参加が増加しており、同市場の成長を後押しをしています。このようなイベントやプログラムに経営者が参加することで、企業の安定した成長を実現します。従業員ソーシャルレコグニション市場では、アプリベースのものもあり、シニアマネジメントはどこからでも積極的にイベントに参加することができ、個人のデバイス上のソーシャルネットワークウェブアプリを通じて、従業員やチームの努力を評価することができます。さらに、従業員ソーシャルレコグニション制度は、従業員がそれぞれのチームや上司と非公式に関わることを可能にし、結果として従業員の生産性を向上させます。

今日、企業は、効果的なデジタルソリューションや自動化されたシステムを導入することで、ビジネスモデルや既存のプロセスを変革し、業務効率を高め、収益を増加させるためにデジタルおよびテクノロジーソリューションをますます採用しています。ここ数年、スマートデバイスやコネクテッドデバイスの普及、クラウドコンピューティングの採用、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)などの技術の登場により、スマートでインテリジェントな職場が出現しています。企業におけるウェブアプリケーション、モバイルアプリケーション、SaaS(Software-as-a-Service)ベースのソリューションの普及が進んでいることから、高度な従業員認識ソリューションの需要が急速に高まっています。従業員には、現代的な方法でモチベーションを高めることが求められており、ソーシャルレコグニションプラットフォームは、中小企業と大企業の両方でプロフェッショナルな関係を強化するのに役立ちます。また、このようなソリューションを利用することで、IT・通信、製造業、小売業、ヘルスケアなどの産業分野において、従業員と雇用者の結びつきを強化することができ、利用可能な予算に応じて報酬コストを最適化するのに役立ちます。このように、従業員のソーシャルレコグニションプラットフォームが提供するすべてのメリットが、世界レベルでの市場成長の原動力となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]