資源の保護培養に関する市場、2028年に3億4,342万米ドル到達予測

資源の保護培養(プロテクティブカルチャー)に関する市場は、2021年の1億8,021万米ドルからCAGR9.6%で成長し、2028年には3億4,342万米ドルに達すると予測されています。天然および化学的な保存料を含まない製品への需要の高まりと、世界各地で保存期間が延長された生鮮品への需要の高まりが、保護培養市場の成長を後押ししています。

アジア太平洋地域の保護培養物市場は、今後、最も高いCAGRで成長すると予想されています。中国は最も重要な乳製品市場であり、乳製品の消費が増加している地域です。自然派スナックやサワーミルク、ヨーグルトなどの発酵乳製品の需要が高まっていることに加え、製品やパッケージのイノベーションがアジア太平洋地域の乳製品市場の成長を牽引しています。そのため、保護培養に関する市場は、乳製品の消費量の増加と、病原性微生物や腐敗性微生物の増殖を抑制する保護培養の利点により、今後数年間で大きな成長が見込まれています。さらに、アジア地域で天然素材やクリーンラベル製品に対する意識が高まっていることも、市場の拡大を後押ししています。

COVID-19パンデミックが保護培養に関する市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、保護培養に関する市場に比較的良い影響を与えています。このパンデミックにより、微生物培養に関する関心と認識が高まりました。この危機は、世界中の多くの人にとっての脅威であり、ストレスの多い時期でもありました。そのため、人々はクリーンラベル製品を消費するようになり、食品に対してより慎重になり、健康的な食品を摂取するようになりました。消費者は、ラベルや製品の表示を超えてクリーンなものに対する認識を新たにしており、家庭内だけでなく家庭外での購入においてもクリーンラベルへの関心を持ち続けており、様々な食品用途でクリーンラベルの適用が拡大しています。

乳製品の消費拡大

世界的に乳製品市場は拡大傾向にあり、消費者は、体にやさしく持続可能な乳製品を好み、成分構成が単純な、透明性が高いラベルの製品を求めています。忙しい現代人のライフスタイルに合わせて、冷蔵保存なしで外出先でも食べられる便利な商品の需要が高まっています。保護培養物は、保存期間中の腐敗を防ぐことで、乳製品メーカーの収益を向上させ、自然でクリーンなラベルの製品を求める消費者のニーズに応えることを可能にします。さらに、ヨーグルト、バター、チーズなどの乳製品の消費量は、世界中で急増しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]