ボリュメトリックビデオの市場規模、2028年に96億8570万米ドル到達予測

ボリュメトリックビデオの市場規模は、2021年の18億9870万米ドルからCAGR26.2%で成長し、2028年には96億8570万米ドルに達すると予測されています。360度ビデオは、没入感のある魅力的なビデオコンテンツ技術です。この技術では、視聴者がディスプレイを動かすことができ、それによって視聴者は好きな角度から映像を見ることができます。没入型メディアの進化は50年前から続いていますが、プラットフォームや技術の成長と発展、ハードウェアデバイスの進化を考慮すると、近年、そのペースは加速しています。さらに、広帯域のサポートにより、360度VRビデオアプリケーションや3Dイマージョンなど、新しい3Dメディアの利用が可能になりました。

視聴者がさまざまな角度から映像を見られることによる利便性の向上から、360度映像の需要は今後も増加すると予想されます。さらに、360度ビデオは、視聴者の要求に応じてディスプレイを移動させることができるため、連続した映像を見ている間にいつでも必要な情報を得ることができます。この技術は、コンピュータゲームで広く普及していますが、Google CardboardやOculus Riftなどのバーチャルリアリティヘッドセットの発明により、さらに広く普及するようになりました。また、同市場のプレーヤーは、ユーザーの利便性のためにボリュメトリックビデオのソフトウェアツールを導入しています。例えば、2018年9月、Simile Incは、ボリュメトリックビデオを撮影するためのクリエイティブなソフトウェアツールであるDepthkitソリューションを発表しました。

世界中のビデオストリーミングプラットフォームが、視聴者の視聴体験を向上させるために、360度ビデオプラットフォームを立ち上げています。例えば、Googleストリートビューが実装した360度ビデオカメラの技術は、Googleマップや、セキュリティ分野でも活用されています。2015年3月には、YouTubeがYouTube 360 videoという360度動画プラットフォームを立ち上げました。2015年9月には、FacebookがFacebook 360 videoを導入し、サービス品質をアップグレードしました。これらの技術の登場により、市場のプレーヤーは視聴者の体験を向上させることに成功させています。また、没入型の映画撮影や絵画のような斬新な形態は、魅力的なコンテンツを作成する機会を提供することで、エンターテイメント界でも人気を博しています。このように、エンターテイメント分野では360度コンテンツを作成する需要が高まっており、それが世界のボリュメトリックビデオ市場の成長を促進しています。

COVID-19パンデミックがボリュメトリックビデオ市場に与える影響

COVID-19の大流行はデジタルマーケティングソリューションの需要にマイナスの影響を与え、ボリュメトリックビデオの採用率の低下につながっています。しかし、ロックダウン後の2020年第4四半期からは、企業活動が活発化し始めており、市場関係者は、企業からの需要が着実に伸びることを期待しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]