木質ペレットの市場規模、2028年に238億9,277万米ドル到達予測

木質ペレットの市場規模は、2020年の96億3,099万米ドルからCAGR12.1%で成長し、2028年には238億9,277万米ドルに達すると予測されています。木質ペレットは、木の皮を細かく砕いて作られ、主に燃料として使用されます。一般家庭では、小型のストーブで効率よく燃焼させるために広く使用されています。また、多くの木質廃棄物から製造され、再生可能なエネルギー源と考えられています。現在、家庭での暖房に加えて、世界各地で発電用の使用が増加しており、燃料としての利用も進むことで、今後需要が拡大することが予想されます。発電用木質ペレットの消費では、欧州が主要地域となります。一方、北米は木質ペレットの主要な輸出国であり、今後数年間で木質ペレットの生産設備が増えることが期待されています。

2020年は、欧州が最大シェアを占めました。米国農務省外国農務局のGlobal Agriculture Information Networkに提出された年次報告書によると、欧州の木質ペレット市場はCOVID-19パンデミックの影響をあまり受けていないと報告しています。同地域では2018年に木質ペレットが2900万トン消費されており、世界最大のペレット市場となっています。木質ペレットは、暖房目的の住宅用の他、熱・発電目的の産業用として使用されています。さらに、欧州地域は、世界のペレット30%を生産しており、同時に、その大半を消費しています。イタリア、ドイツは、家庭用暖房に使用される木質ペレットの主要な成長市場と考えられています。

再生可能なエネルギー源の利用に対する意識の高まり

再生可能エネルギーは、農村部でも都市部でも、将来のエネルギー需要を満たすために重要な役割を果たします。資源が不足していることに加え、化石燃料を使用した製品やプロセスが環境に与える悪影響についての認識が高まっていることから、木質ペレットのような再生可能エネルギーへの依存度が高まっています。また、持続可能なエネルギー開発の必要性が高まっていることも、木質ペレットの需要拡大の要因となっています。再生可能エネルギーは、他のエネルギー源と比較して環境への影響が少ないため、環境に優しい代替エネルギーと考えられています。木質ペレットは、製材所の残材や、林地残材などの伐採残材、丸太などを原料とした木質繊維を乾燥・圧縮したもので、木を原料とするバイオマスであることから、再生可能エネルギーに分類されます。米国エネルギー情報局によると、バイオマスは、エネルギー源として有効に利用できる有機物に分類され、燃焼させてもカーボンフットプリントは正味ゼロです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]