NOR型フラッシュメモリの市場規模、2028年に60億6950万米ドル到達予測

NOR型フラッシュメモリの市場規模は、2021年の23億6190万米ドルからCAGR14.4%で成長し、2028年には60億6950万米ドルに達すると予測されています。NOR型フラッシュメモリは、電気的に削除や再プログラムが可能な電子式の不揮発性コンピューターメモリー記憶媒体です。また、2種類の不揮発性ストレージ技術のうちの1つで、1バイト単位のデータの書き込みや読み出しを必要とするアプリケーションで最もよく使われます。同時に、ランダムアクセスやインプレース実行が求められるアプリケーションでの需要が高まっていることが、同市場の成長を後押ししています。NOR型フラッシュメモリのソリューションは、メガビットから低ギガビットまでの容量を備えていることが大きな特徴です。さらに、高い信頼性とデータインテグリティ機能により、その顧客数は長年にわたって増加しています。家電製品や通信機器の需要が増加し、自動車や産業用アプリケーションにおける電子機器の普及率が高まっていることが、同市場の成長を後押ししています。さらに、自動車、産業、医療分野や、IoT(Internet of Things)、AMOLED(Activ-Matrix Organic Light-Emitting Diode)、LCD(Liquid Crystal Display)などの技術分野でのNORフラッシュメモリの用途が増加していることも、今後の市場を牽引する要因となります。

COVID-19パンデミックのNOR型フラッシュメモリ市場への影響

COVID-19パンデミックは、ほとんどの国でビジネスの停止やロックダウンの制限により、製造業の経済成長を妨げました。半導体産業は、産業界からの電子部品の需要が減少したことにより、大きな打撃を受けました。ロックダウン期間中は、大量生産が行われなかったため、マイクロエレクトロニクスの収益モデルは低下しました。ロックダウン後、半導体業界は、生産施設が操業を再開し、同時にすべての必要な措置を遵守したため、市場シェアを回復し始めました。また、在宅勤務や遠隔監視システムの導入により、接続性の高い先端エレクトロニクス製品の販売が急増しました。IT・通信分野の重要性が再認識されたことで、IoT接続や高速Wi-Fi対応パッケージ技術などの新技術に合わせて進化することができました。SIA(Semiconductor Industry Association)によると、2020年第3四半期の世界の半導体売上高は11%増加しており、これがNOR型フラッシュメモリの需要に拍車をかけています。

高度な機能に対するニーズの高まりが市場の成長を後押し

急速に進む技術開発と大量のデータ生産により、大容量データを効率的に処理できるフラッシュメモリ・ソリューションへの需要が大幅に高まっています。NOR型フラッシュメモリは、既存のメモリ技術よりも読み取り性能が高く、動作も速いため、多くのエンドユーザの期待に応えることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]