加入者データ管理(SDM)システムの市場規模、2028年に138億960万米ドル到達予測

加入者データ管理(SDM)システムの市場規模は、2021年の47億6,480万米ドルからCAGR16.4%で成長し、2028年には138億960万米ドルに達すると予測されています。モバイルユーザー数やデバイス数の増加、NFV(Network Function Virtualization)やIPシステムの導入、LTEやVoLTE技術に対する加入者需要の増加などが、加入者データ管理の需要を喚起しています。さらに、加入者IDのフィッシングを伴うサイバー攻撃の増加は、加入者ID管理の需要を高めると予想されます。メッセージの内容やトラフィックデータ、地域固有の国際移動体通信機器識別番号(IMEI)を知らなくても、データが違法な監視やモニタリングに悪用される可能性があります。ネットワーク監視が適切に保護されていなければ、このような攻撃や不注意な漏洩により、膨大な量の個人情報が明らかになり、不注意なユーザーの詳細なプロファイルが作成される可能性があります。このため、ID管理ソフトウェアの使用が必要となります。

COVID-19パンデミックの加入者データ管理システム市場への影響

COVID-19パンデミックは、すべての産業に深刻な影響を与えています。産業への影響は、その地域の経済発展に直結します。世界中でCOVID-19の感染者数が増加し、その後、2020年の第1四半期から第2四半期にかけてロックダウンが行われたため、多数の企業が待機状態に陥っています。2020年の全産業における技術投資は、これらの理由により減少しました。しかし、多くのプラットフォームでの加入者数の増加は、パンデミック中の地域全体の加入者データ管理市場にプラスの影響を与えました。

通信事業者による加入者データ管理ソリューションの採用の増加

加入者データ管理ソリューションは、異なるネットワークドメインにまたがる加入者データの管理を統合します。SDMソリューションは、アクセスプリファレンス、サービス、ロケーション、認証、アイデンティティ、プレゼンスなど、通信事業者の加入者データを統一的なデータリポジトリに統合して管理します。さらに、ユーザーへの一貫したサービスを維持しつつ、運用コストを削減することで、通信事業者のネットワークを改善することができます。また、通信事業者は加入者データを一元的に調べることができるため、より効果的に収益化することができます。SDMはまた、通信事業者がネットワークの複雑性、総所有コスト、新サービスの市場投入までの時間を短縮するのにも役立ちます。

運用コストの削減やクロスネットワークコンバージェンスの促進、LTEやVoLTEに対する加入者の需要の高まり、IMSの導入、通信事業者のNFV技術への移行などのニーズが、通信事業者の間で加入者データ管理市場の成長を後押ししています。さらに、サードパーティは、着実に認知されつつある新たなバリューチェーンを提供することで、通信事業者が新たなサービスや改善されたサービスを供給するのに役立ちます。通信事業者は、顧客に対して同程度のパーソナライゼーションやアクティビティのトラッキングを提供する可能性を検討しています。第三者は、通信事業者のインフラを活用して提供するサービスを強化するために、加入者データを特に魅力的に感じるかもしれません。このように、通信事業者によるSDMソリューションの導入が進んでいることが、市場の成長を大きく後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]