バッテリーリサイクルの市場規模、2028年に360億273万米ドル到達予測

バッテリーリサイクルの市場規模は、2020年の156億9007万米ドルからCAGR13.4%で成長し、2028年には360億273万米ドルに達すると予測されています。バッテリーリサイクルとは、電池を再処理・再利用することで、廃棄物として捨てられる電池の数を効果的に減少させる方法です。使用済み電池のリサイクルは大きな可能性を秘めており、経済的利益をもたらします。バッテリーリサイクルでは、製品の安全性、電池の安全な取り扱い、保管、処理、再利用、リサイクル、廃棄に重要な役割を果たす政策や規制が策定されています。

2020年は、アジア太平洋地域がバッテリーリサイクル市場で最大シェアを占めました。これは、著名なメーカーの強力な産業基盤が存在し、大量の電池廃棄物が発生していることが主な理由です。同地域では、電池の使用量が増加しているため、廃棄物の量を減らすために効果的な電池管理が行われており、電池のリサイクルも含まれています。これに加えて、アジア太平洋地域では政府の取り組みが、この地域の市場を牽引しています。

COVID-19パンデミックは、バッテリーリサイクル市場の成長に悪影響を与えました。ウイルスの蔓延への対策が状況を悪化させ、電子機器、自動車、電力など複数の産業分野の成長や配送サイクルに悪影響を与えました。また、国内外の境界線の突然の封鎖措置により、バリューチェーンの混乱が生じています。サプライヤーからの原材料調達における混乱や、無期限のロックダウンで製造工場が一時的に閉鎖されたことが、市場の成長に影響を与えています。2020年12月に米国国立バイオテクノロジー情報センターが発表した記事によると、再処理用の使用済みバッテリーを世界中に出荷するリサイクルチェーンは、パンデミックで大きな影響を受けました。しかし、経済が事業の復活を計画しているため、バッテリーのリサイクルに対する需要は世界的に高まると予想されます。 ただし、ジャストインタイム生産は、市場の成長を妨げる要因となります。 自動車、工業、家庭用電化製品、その他の業界でのバッテリーリサイクルの需要の高まりと、主要メーカーによる多額の投資により、バッテリーリサイクル市場の成長が促進されると予想されます。

リサイクル製品の需要拡大と金属の回収がバッテリーリサイクル市場の成長を促進

バッテリーリサイクルは、電池を再処理・再利用し、有害廃棄物を削減する効果的な方法です。リサイクルはバージン材料の採掘に比べて環境への負荷が少なく、また、直接リサイクルすることで、エネルギー消費量や排出量を大幅に削減することができます。使用済み電池のリサイクルは大きな可能性を秘めており、強い経済的利益をもたらします。例えば、Roland Berger社が2019年11月に発表した記事によると、2030年までに170万トンの電池がリサイクルされると、ニッケル、コバルト、マンガン、リチウムなどの活物質が25万トン得られると予想されています。これにより、欧州におけるコバルトとニッケルの需要の20〜30%を補えると言われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]