航空機用ホイール・ブレーキの市場規模、2028年に121億4,218万米ドル到達予測

航空機用ホイール・ブレーキの市場規模は、2021年の74億7,174万米ドルからCAGR7.2%で成長し、2028年には121億4,218万米ドルに達すると予測されています。ホイールとブレーキは、航空機を構成する最も重要な部品の一つです。ホイールは、航空機のボディ全体を構造的に支え、タイヤに強度を与えます。ブレーキは、車輪の速度を制御するとともに、航空機の動きを徐々に制限し、最終的に安定した着陸を実現するため、航空機の着陸に重要な役割を果たします。ここ数年、航空機および航空機部品メーカーは、航空機の燃料消費量削減の一環として、航空機用ホイールの軽量化を重視しています。軽量化された航空機用ホイールは、燃料効率を高めることで可能な限り低い運用コストを達成するために、民間機や防衛機に広く使用されています。また、現代の航空機用ホイールは、複数のディスクブレーキと互換性があるように設計・製造されています。

COVID-19パンデミックの航空機用ホイール・ブレーキ市場への影響

COVID-19の発生以前、航空宇宙産業は、航空機メーカーの膨大な受注残にもかかわらず、生産面で大きな成長を遂げていました。また、世界の航空業界では、乗客数が大幅に増加し、航空機の調達量も増加していました。しかし、COVID-19パンデミック以降、世界的に航空機の需要が減退し、航空機メーカーの受注量が減り、生産数が減少しました。このことにより、多くの部品メーカーや関連ビジネスに支障をきたしています。このように、航空機用ホイール・ブレーキ市場のプレーヤーのビジネスは、航空機生産の不安定化によって深刻な影響を受けています。

耐久性が高く、軽量で頑丈なカーボンブレーキの使用が増加

航空機製造業界では、数十年にわたりスチール製のブレーキを使用してきましたが、近年、業界関係者はカーボン製のブレーキに重点を移しています。これは主に、カーボンの軽量性と高い耐久性によるものです。カーボンブレーキの軽量化により、メーカーは航空機の重量を従来よりも低く抑えることができ、軽量化された航空機は燃料効率の向上とCO2排出量の削減を実現しました。航空機の重量とCO2排出量は、航空機製造業界では重要な2つのパラメータです。また、カーボンブレーキは、カーボンの持つ頑丈さにより、ブレーキの強度が向上し、悪環境下でも使用できるため、コスト削減にもつながります。さらに、平均で約2,000回の着陸に耐えられるため、メンテナンスの必要性も低く、修理、オーバーホール(MRO)を含めた全体的な運用コストを削減するために、最新の航空機モデルに広く採用されています。カーボンブレーキは、最新の商用機や軍用機のすべてのモデルと互換性があるため、簡単に後付けすることができ、メンテナンスが必要な古い航空機のMRO活動にも利用されています。このように、民間機や軍用機へのカーボンブレーキの採用が進んでいることが、航空機用ホイール・ブレーキ市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]