水冷却塔の市場規模、2028年に21億500万米ドル到達予想

水冷却塔の市場規模は、2021年の16億3,520万米ドルからCAGR3.7%で成長し、2028年には21億500万米ドルに達すると予想されています。

発電所の機械やプラントの冷却水の消費に関する政府の厳しい政策が、水冷却塔市場を後押ししています。インド政府による淡水消費量の制限政策により、原子力発電所、石炭火力発電所、ガス火力発電所など、さまざまな種類の発電所で水冷却塔の採用が増加しています。例えば、インドの環境・森林・気候変動省は、最近、石炭火力発電所の水消費量制限に関する基準を承認しました。2015年の水消費量の基準は、すべてのプラントに冷却塔を設置し、2017年末までに発電量1メガワット時あたり最大水消費量3.5立方メートルを達成することを求めています。また、この基準では、2017年1月1日以降に設置予定の新規工場は、水の消費量を発電量1メガワット時あたり2.5立方メートルに抑え、液体排出ゼロを達成することが求められています。このように、政府の厳しい政策が水冷却塔市場を支え、そのビジネスを世界的に拡大させています。

世界的な電力消費需要の高まりに伴い、原子力発電所や地熱発電所の数が急速に増加しています。インド、中国、アルゼンチン、バングラデシュ、ブラジルなどの国々では、発電に対する大きな需要が見られ、この電力需要を満たすために、多くの原子力発電所が建設されています。世界原子力協会のデータによると、2021年8月には、約100基の原子力発電所が計画されており、推定発電量は約11万メガワット電気(MWe)となっています。また、全世界で約300の原子力発電所の建設が提案されています。さらに、中国、インド、米国、ロシア、韓国、フランス、アラブ首長国連邦など、既存の原子力発電所を持つ約30カ国が、自国の電力需要を満たすために原子力発電所の増設を計画しています。国際エネルギー機関(IEA)によると、世界の発電量に占める原子力発電の割合は、2040年までに約8.5%になると予想されています。都市化・工業化の進展に伴い、今後、電力消費率が大幅に上昇することが予想されており、この需要を満たすために、発電所の数が増加すると考えられます。このように、発電所が水冷却塔の主要なエンドユーザーであることから、電力消費量の増加が水冷却塔市場に有利な機会をもたらすと予想されます。

水冷却塔市場に参入している主要企業には、Babcock And Wilcox Enterprises, Inc.、Baltimore Aircoil Company、Bell Cooling Towers、Delta Cooling Towers, Inc.、Evapco, Inc.、Mesan Group、Samco Technologies, Inc.などがあります。

COVID-19パンデミックの水冷却塔市場への影響

COVID-19パンデミックは、工業、暖房・換気・空調(HVAC)、発電所など、いくつかの産業の操業を混乱させ、悪影響を及ぼしています。パンデミックの影響で、これらの産業の成長が急激に落ち込んでいることが、水冷却塔市場の成長を制限しています。パンデミック対策のための工場閉鎖、渡航・貿易禁止、国境封鎖などが、水冷却塔製品の製造、供給、販売に影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]